男性型脱毛症(AGA)を引き起こす原因は何か?

男性型脱毛症(AGA)を引き起こす原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という強い性質を持った男性ホルモンの作用であることがわかっています。また、血行不良による毛根への栄養不足も原因では無いかと考えられています。

ここでは、男性型脱毛症(AGA)の原因を詳しく説明します。AGAを引き起こす原因を正しく理解することで、その原因に対してしっかりと対処することができます。

男性型脱毛症の原因は男性ホルモン

まず、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンは、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に作用することで、正常な毛髪のヘアサイクルを阻害し、男性型脱毛症(AGA)を引き起こします。

男性ホルモン自体は、筋肉や骨格を形成したり、性欲を増進させるといった役割がある体内物質です。男性ホルモンは少量ですが女性にも存在しますし、アンドロゲン(androgen)とは男性ホルモンのことです。

その一方「受容体」とは、レセプター(receptor)とも言いますが、ある刺激を受けたときに、その刺激をなんらかの反応に置き換える仕組みを持った構造を指す言葉です。刺激に反応する器官、細胞、分子などはすべて受容体といえます。

つまり、頭皮環境において、DHTという男性ホルモンが生成されると、毛乳頭にある受容体がその刺激を受け取り、正常な毛髪の成長サイクルをストップさせてしまうというわけです。

その一方、そもそもDHT(ジヒドロテストステロン)は、5αリダクターゼという酵素の働きによって、テストステロンという男性ホルモンが変化して生成される、より強い性質を持った男性ホルモンです。

酵素とは、それ自体は変化しないものの、他の物質に働きかけてその物質を変化させる物質です。5αリダクターゼという酵素は1型と2型という2つのタイプがあり、1型は全身の皮脂腺、2型は前頭部や頭頂部の毛乳頭・毛母細胞・毛母細胞と前立腺にだけ存在することがわかっています。

このため、男性型脱毛症の場合、前頭部や頭頂部に存在する酵素(2型の5αリダクターゼ)が、テストステロンという男性ホルモンに働きかけ、DHTという発毛を阻害する男性ホルモンに変化させるというわけです。

これに対し、フィナステリドという治療薬があります(→AGA治療薬・フィナステリドとは)。これは、酵素である5α-リダクターゼ(2型)の働きを阻止する効果を持っているため、男性型脱毛症の進行をストップさせ、正常なヘアサイクルを取り戻すことが期待できます。

DHTをいくら減らしても、酵素によって何度でも生成されてしまう恐れがあります。このフィナステリドという薬は、そのDHTを生成する原因である酵素の働き自体をブロックすることで、男性型脱毛症の原因をもとから断ち切る効果があります。

なお、男性型脱毛症(AGA)は、遺伝的な影響がある脱毛症です。男性ホルモンを受け付ける場所(男性ホルモン受容体)には、DHTなどの男性ホルモンへの感受性の違いによっていくつかのタイプがあり、このタイプは遺伝子によって決まります。

DHTに対する反応が強い受容体を持ったひとが、すべて深刻な男性型脱毛症を発症するとは限りませんが、この受容体の感受性と男性型脱毛症の発症の有無や進行度の度合いは、かなりの程度まで関係があるといえます。

また、先ほど触れた通り、女性も少量ながら男性ホルモンを持っています。このため、女性も男性型脱毛症(AGA)を発症することは、珍しくありません。女性の男性型脱毛症をFAGAという場合もあります。FAGAについては、女性の薄毛・脱毛症・FAGAを考えるでも詳しく説明しています。

性ホルモン結合グロブリンとDHT

ところで、男性ホルモンのテストステロンのうち95%は、性ホルモン結合グロブリン(SHBG)というたんぱく質と結合した状態で、血液中に存在しています。残りの5%は、タンパク質と結合しておらず、ホルモン活性の高いフリーテストステロンと呼ばれる状態です。

このSHBGはテストステロンと結合することで、テストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変化することを抑えてくれます。先述通り、DHTは脱毛を引き起こす「脱毛ホルモン」であり、DHTの生成の抑制は、男性型脱毛症の防止には好ましい現象です。

SHBGの濃度が下がることは、相対的にフリーのテストステロンが増加する状態ですが、これはDHTが生成して男性型脱毛症が生じやすい状況であるとともに、肥満との関係も指摘されています。なお、SHGBはインスリンによっても下方制御されます。

体内のホルモンバランスは、正常値より高すぎてもいけませんし、低すぎてもいけません。SHBGの場合も、濃度が上昇することは、甲状腺機能亢進症やさまざまな慢性炎症性疾患との関係が考えられています。

男性型脱毛症を考えた時には、SHBGを正常値の範囲におさめ、異常に下がってDHTを招いたり、逆に異常な上昇によって数多くの疾患のリスクを抱えることの無いように注意スべきです。

ホルモンのバランスを整えるには、なんといっても規則正しい生活や適度な運動です。特にSHBGは肥満との関係が指摘されており、健やかな日常生活を意識的に過ごすことで、異常な値となることを避けることが可能です。

薄毛・脱毛症には血行改善も重要

薄毛や脱毛症の大きな原因として、血の巡りの低下からくる血流の悪化が挙げられます。これには、毛髪の成長サイクルの仕組みが大きく関係しています。

そもそも毛髪は、毛根部の毛球に集まった毛母細胞が分裂を繰り返すことで生成され、長く太く伸びていきます。毛球には毛乳頭と呼ばれるくぼんだ部分があり、頭皮を網の目のほうに張り巡っている毛細血管と結合しています。

毛細血管は身体中に栄養分や酸素を運搬する役割を果たしています。毛髪の場合、毛細血管が運んできた栄養分を毛乳頭が受け取り、毛母細胞に受け渡す過程で新たな発毛や髪の毛の成長を促しています。

ところが、これらの毛根部に十分な栄養分が行き渡らなければ、毛乳頭が毛母細胞に働きかけることは無くなり、毛母細胞も細胞分裂を行わなくなるといった、毛髪を作る活力が失われてしまいます。

このため、血流の低下を招くような事柄は、健全な毛髪の生育を阻害する原因といえます。例えば、ストレスが多い方は緊張によって血管が収縮しやすく、運動不足は新陳代謝の低下によって血行の悪化を招きます。

食生活に関しても、脂質や糖分、動物性タンパク質が多めの食事は、肥満になりやすく、血行の悪化のもととなります。高血圧・低血圧のどちらも血管には良くない影響を引き起こしますし、タバコや睡眠不足も血の巡りにとっては避けるべき事柄です。

また、過度な飲酒はアルコールを分解する過程で、ビタミンB1をはじめとする大量の栄養分を消費させてしまいます。これは、本来なら髪の毛の生育のために使われる栄養分を消費する可能性が高く、毛髪が生育しにくい状況を生み出します。

このように、薄毛対策・脱毛症対策は、血流の改善という観点からは、日常生活のさまざまな場面に注意していくことで、十分な栄養分が行き渡り、毛根が健全な活力を取り戻す環境を生み出すことが可能となります。