女性の薄毛の治療にはどんなものがあるのか?

今回は、女性の薄毛治療の内容について取り上げます。特に女性の場合、さまざまな治療方法がありますが、薄毛になった原因に合わせて1つないしは複数の治療が選択されます。

女性の薄毛の治療法には、内服薬(服用)、外用薬(塗布)、薬剤の直接注入(ハーグ療法、メソセラピー)などが挙げられます。ここでは、女性の薄毛に関する代表的な治療を説明します。

女性の薄毛の治療:内服薬

女性の薄毛の治療で内服薬といえば、ミノキシジルとスピロノラクトンが代表的な薬と言えます。なお、男性であればフィナステリドが有名ですが、これはホルモンバランスへの影響が大きいため、女性の服用はできません。

ミノキシジルは血管拡張効果がある薬です。女性の薄毛の治療としては、頭皮の毛細血管を拡張し、頭皮の毛根へ養分の運搬がしやすくなり、毛乳頭細胞や毛母細胞が活性化され、脱毛しにくく発毛・育毛しやすい頭皮環境を取り戻す効果があります。

一方スピロノラクトンは、女性版AGA(男性型脱毛症)であるFAGAを発症させるDHTという脱毛ホルモンの増加をブロックし、女性の薄毛を治療する効果があります。

(女性も男性ホルモンを少量持っているため、女性でもAGAが発症することがあり、これをFAGAといいます)

女性の薄毛の治療:外用薬

ミノキシジルは、外用薬(塗布)としては市販の一般用医薬品(第1類医薬品)の「リアップ」(大正製薬。女性向けは「リアップレディ」)が知られていますが、先述通り、内服薬としては医師の処方が必要な医療用医薬品です。

その一方、女性の薄毛の治療として、ミノキシジルを内服だけでなく、外用薬として塗布するクリニックもあります。もちろん、市販の医薬品よりは濃度を高め、薄毛・脱毛の治療効果を高めるよう構成されています。

ミノキシジルは、血管の拡張効果を通じて健全な毛髪サイクルを取り戻すだけでなく、毛髪サイクルの原動力である毛母細胞に直接に働きかけて発毛を促す効果があると考えられています。

女性の薄毛の治療:薬剤の直接注入

女性の薄毛治療のうち、薬剤を直接注入する方法としては、ハーグ療法やメソセラピーと呼ばれるものがあります。どちらも薄毛を改善して発毛・育毛を促す成長因子や栄養素を頭皮にダイレクトに送る治療法です。

HARG療法(ハーグ療法)とは、サイトカイン(細胞同士の情報伝達を担うタンパク質)製剤である成長因子と、毛髪の成長に必要なビタミンやアミノ酸などの栄養素を配合したHARGカクテルを注入することで、毛髪の成長サイクルである毛周期を正常に戻し、発毛を促すというものです。

メソセラピーは、毛髪の成長サイクルを取り戻す成長因子や栄養分を直接頭皮に注入する治療法ですが、どのような成分を配合するかはクリニックによって少し違いが見られます。多くの場合、発毛増殖成長因子や発毛促進栄養成分が加えられます。