女性の薄毛とサプリメント

ここでは、女性の薄毛とサプリメントの関係について取り上げます。サプリメントは適切に正しく摂取すれば、薄毛の予防や改善を期待することができる可能性があります。

女性の薄毛とサプリメント:タンパク質

女性がサプリメントを摂取する場合、これは薄毛に限ったことではありませんが、足りない栄養素を補うということが基本です。まず、髪の毛そのものを構成するのは、ケラチンというタンパク質の一種です。

そもそもタンパク質は、何種類ものアミノ酸が連結して出来た物質です。人間はタンパク質を摂取すると、それをいったんアミノ酸に分解し、体内で必要に応じた種類のタンパク質を優先的に生成します。

このため、薄毛に良いからとサプリメントでタンパク質を摂取しても、それをそのまま吸収するわけではありませんが、タンパク質であれ、タンパク質のもととなるアミノ酸であれ、摂取しないことには、そもそもケラチンをはじめとするタンパク質が作られることはありません。

結局、タンパク質やアミノ酸の不足が続くことは、長い目で見れば薄毛をもたらす可能性が決して少なくないことになります。タンパク質といえば肉類が真っ先に思い浮かびますが、脂質もあわせて摂ることになるため、魚介類、大豆、納豆、牛乳、卵など良質のタンパク質を含んだ食材も活用し、バランス良く摂取すると良いでしょう。

ここで、特に女性の方は、肉や魚をあまり多く摂る機会が少ないという方も多いと思います。タンパク質の摂取が足りないと感じたら、アミノ酸やタンパク質を含んだサプリメントを薄毛対策に活用することも十分おすすめできます。

女性の薄毛とサプリメント:ビタミンとミネラル

また、ビタミンやミネラルは、直接女性の薄毛の改善に作用するという栄養分ではありませんが、先ほどの述べたような、人間がタンパク質をアミノ酸に分解し、そこから再びタンパク質を生成する過程でエネルギー源となる重要な栄養分です。

ビタミンやミネラルの不足が薄毛を招く事態を避けるため、足りない栄養分はサプリメントで補うと良いでしょう。特にここでは、薄毛対策にとって欠かせないビタミンやミネラルを取り上げていきます。

ビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫な状態に保つ役割もあり、頭皮環境の維持が期待できます。鶏レバー、豚レバー、ウナギなどに多く含まれます。また、ビタミンB2の欠乏状態は脂漏性皮膚炎や脱毛症を引き起こすことが分かっており、やはりレバーやアーモンドなどに多く含まれます。

このほか、レモン、グレープフルーツやユズ、アセロラや緑黄色野菜に多いビタミンCや、アーモンド、ラッカセイ、大豆、キャビア、いくら、たらこ、青魚、マヨネーズに多く含まれるビタミンEも、頭皮環境の維持のためには必要な栄養分です。

ミネラルに分類される物質としては、生ガキ、豚レバーに多い亜鉛、レバー、ホウレンソウ、ひじき、海苔、ゴマ、パセリ、アサリ、シジミなどの鉄分、豆類や藻類、種実類や魚介類などに多く含まれるマグネシウムの摂取が好ましいといえます。

こうした食品の摂取が足りないと感じる場合、女性の方でも薄毛の改善にサプリメントを摂取することは、おおいに意味があるといえます。まずはバランスのとれた食事が基本ですが、サプリメントの活用はこれを補う意味があります。

その一方、女性の薄毛は血行の不良や頭皮環境の悪化が大きな要因であり、食事やサプリに加え、適切な睡眠や運動、シャンプーや育毛剤の見直しなど、血行を改善し頭皮環境を整える取り組みが必要です。それでも改善が見られない場合は、クリニックの受診が選択肢に入ってくると思います。

スポンサーリンク