女性の薄毛の悩みとは

今回は、女性の薄毛の悩みについて取り上げます。薄毛といっても女性の悩みは男性とは異なる特徴が見られるため、それぞれの原因に応じた対策が必要です。ここでは、こうした女性に特化した薄毛の悩みを取り上げていきます。

女性が薄毛に悩むとき

女性の場合、薄毛に悩むのは、若い方でも年配の方でもよく見られる現象です。特に女性の薄毛は、思春期、更年期や加齢、産後の脱毛症などは、ホルモンバランスが影響することによって生じることがわかっています。

また、女性でも円形脱毛症になりますが、男性よりも個人差が大きく、女性の場合は前髪から徐々に薄毛になって悩む方もいれば、ある日突然一気に抜け毛が発生する方もおられます。円形脱毛症は多くの場合、リンパ球の自己免疫反応が原因です。

このほか、女性の方は髪のおしゃれや髪型に多くのバリエーションがあるぶん、頭皮を清潔にしていないと薄毛になりやすくなりますし、ポニーテールなど髪を強く引っ張っることで生じる牽引性脱毛症や、長時間ヘルメットや帽子をかぶることで生じる圧迫性脱毛症など、薄毛で悩みやすい状況が生まれやすいといえます。

女性の前髪から徐々に薄毛に悩むとき

また、女性は前髪から徐々に薄毛になって悩む方も多く見られます。これは「びまん性脱毛症」と言われ、頭皮環境の悪化や生活習慣の乱れが原因と言われます。

ただし、びまん性脱毛症と似たような症状があったとき、男性ホルモンの増加が原因であれば、女性の男性型脱毛症(AGA)という意味でFAGAと言われます。女性も男性ほどではありませんが、少量の男性ホルモンを体内に持っています。

女性が持っている男性ホルモンも、本来は筋肉や骨格の形成に寄与してくれる体内物質です。ただし、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの増加は、FAGAを引き起こす原因であることがわかっています。

FAGAかどうかについては、クリニックなどの医療機関で受けることのできる遺伝子検査で、「FAGAになりやすい可能性の有無」を調べることができます。これにより、同じ女性どうしの薄毛の悩みであっても、その原因が男性ホルモンなのかそうでないのか切り分けることができます。

FAGAであれば、ミノキシジルやスピロノラクトンという薬を受けることができます。これらは医療用医薬品ですから、効果が認められたものですし、クリニックで医師から処方を受けることで使うことができる薬です。

女性の薄毛の悩みの解決策

女性の薄毛の悩みを解決するには、その原因を取り除くことに尽きます。牽引性脱毛症や圧迫性脱毛症、頭皮環境の悪化や生活習慣の悪化が原因であれば、髪にマイナスな習慣や食事、運動、睡眠、ストレスを見直すことでおおいに改善が期待できます。

その一方、ホルモンバランスが原因の薄毛は、時間とともに治る方も少なくありませんが、個人差が大きい円形脱毛症や、男性ホルモンが原因のFAGAであれば、自分一人で悩むより、クリニックなど医療機関に相談することがおすすめです。

スポンサーリンク