女性の薄毛が改善するには

今回は、女性の薄毛の改善方法を取り上げます。

本来毛髪は、成長期→退行期(移行期)→休止期という毛周期を繰り返し、古い毛が抜け落ちたあと新しい毛に生え変わる成長サイクルを繰り返しています。しかし、新しい毛が生えてこなかったり、十分に育たないまま抜け落ちることで、薄毛が発生します。

薄毛の原因は毛髪の成長サイクルの異常であり、これを改善することで、薄毛の進行をストップさせ、健全な毛周期を取り戻して発毛・育毛を回復することができます。ここでは、薄毛を引き起こす原因に見合った改善策を取り上げていきます。

女性の薄毛の改善策

女性の薄毛を改善するには、毛髪の成長サイクルを阻害する原因を取り除くことが基本です。最大の要因は、フケやかゆみなど頭皮環境の悪化や、毛髪を作る毛根部に栄養分が行き届かない血流の悪化が挙げられます。

その一方、産後の薄毛や経口避妊薬(ピル)の服用を中止後に生じる薄毛は女性特有のものですが、これの原因はホルモンバランスの乱れだとわかっています。さらに、女性にも発症が多いAGA(男性型脱毛症)は、脱毛ホルモンの増加が原因だとわかっています。

逆に言えば、女性の薄毛の改善は、こうした毛髪の生育を阻害する要因を取り除くことに尽きるといえます。ここでは、その改善策をひとつひとつ挙げていきます。

血行の改善=薄毛の改善

まず、血行の改善は、体中に行き渡った毛細血管が頭皮にも栄養を送り届け、毛髪の生成を担う毛母細胞や毛乳頭の活性化を導き、薄毛の改善につながります。

そこで、血行を良くする生活習慣の改善が、女性でも最も手っ取り早く自分で出来る薄毛の改善策といえます。例えば、高脂質、高カロリーな食事は、血流を悪くさせる肥満体質を導きます。これを改善するだけで、薄毛への取り組みとなります。

日常生活のなかで最も血流を悪くする要因は、喫煙、運動不足、睡眠不足、ストレスです。血の巡りを悪くするこれらの習慣を改善することで、女性でも薄毛の改善に効果があります。特に、代謝不良による薄毛の改善には大きな効果が期待できます。

頭皮環境と薄毛の改善

女性の場合、髪型や髪へのこだわりを持つ方も少なくないと思います。シャンプーや育毛剤を見直し、より清潔な頭皮環境を導くことも、薄毛の改善につながります。これは特に、大量の皮脂や老廃物(フケなど)によって薄毛を招いている方に効果があります。

シャンプーは低刺激性で肌への負担が少ないアミノ酸系の洗浄成分を使ったノンシリコンシャンプーがおすすめです。また、シャンプー、リンス・トリートメント、育毛剤も、化粧品扱いではなく医薬部外品に指定されたもののほうが薄毛の改善が期待できます。

また、頭皮環境は単に清潔にするだけでなく、頭皮や毛髪に負担をかけすぎていないか見直すことも必要です。髪に優しいヘアスタイルを選んだり、パーマやヘアカラーを見直したり、髪に負担がかかる被り物(帽子など)を使っていないかも検討しましょう。

薄毛の改善と女性向けクリニック

ここまで見てきた女性の薄毛の改善策について、時間をかけていろいろやってきたけどもなかなか改善しないという方は、薄毛外来のクリニックをおすすめします。自分の薄毛の状態が何が原因なのか知りたい方には、特におすすめします。

例えば、AGA(男性型脱毛症)は女性も発症しますし、その原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの増加であることがわかっています(女性も少量ながら男性ホルモンを持っていることが一般的です)。

また、円形脱毛症はリンパ球の自己免疫反応が原因だとわかっており、個人差が大きいため経過観察が必要です。産後の薄毛やピル(経口避妊薬)の服用中止後の薄毛は、ともにホルモンバランスの乱れだということもわかっています。

こうした薄毛の場合は、自分で改善しようと思っても限界があります。その一方、医療機関であるクリニックでは、原因を絞り込む検査を受けることが出来ますし、DHTの増加をブロックする薬や、血管の拡張効果がある薬が、医療用医薬品として処方を受けることができます。

女性の薄毛の原因はさまざまですし、これを改善しようとすると、どうしても自分だけでは出来ないケースも少なくありません。あれこれやってみたがどうしても改善しなかった場合は、薄毛のクリニックに相談してみることをおすすめします。

スポンサーリンク