女性の薄毛のクリニックとは?

今回は、女性の薄毛のクリニックを取り上げますが、これは女性専門の薄毛外来の診療所のことであり、医療機関だからこそできる医療行為としての治療と、薄毛の専門クリニックとしての治療実績や信頼を併せ持ったところだといえます。

女性向け薄毛クリニックと一般病院との違い

女性の薄毛のクリニックとは、一般的な総合病院や診療所のように、薄毛・抜け毛・脱毛症ではないその他の病気・疾患を扱うことが無く、薄毛治療を女性専門の医療機関として開設している医療機関を意味します。

一般的な病院の場合、薄毛の原因が他の病気の症状のひとつとして現れた場合には、その病気の治療に取り組むことで、薄毛も改善される場合があります。例えば、内臓の疾患や甲状腺機能障害による薄毛なら内科、心理的要因による薄毛なら精神科といった具合です。

その一方、女性特有の産後の抜け毛や生理不順による薄毛、更年期・加齢による薄毛・抜け毛、生活習慣・運動不足・喫煙・ストレスや遺伝的要素による脱毛症など、生理現象である薄毛そのものを治そうと思ったら、女性専門の薄毛外来のクリニックが向いています。

また、これは女性の薄毛だけでなく男性にも当てはまりますが、公的健康保険では薄毛そのものを病気とはみなされず、薄毛治療の大半は公的健康保険の適用外診療、つまり全額自己負担が原則の自由診療となります。

女性の薄毛クリニックは女性専門の薄毛外来であり、保険適用外であるため一般的な病院に通うよりも高額ではあります。その一方、一般的な病院では、薄毛自体は病気とはみなされず、治療の必要性は無いと判断されます。

女性であれ男性であれ、薄毛治療で公的健康保険が認められる範囲はほとんどありません。進んだ治療を受けたい場合は、自由診療を提供する薄毛外来のクリニックを選ぶことになります。

女性の薄毛のクリニックはどんなことをするのか

実際に女性の薄毛クリニックでは、問診票に記入をしてスタッフによるカウンセリング(ほとんどのクリニックでは無料です)を受け、医師による初診を経て検査や治療にはいるのが一般的です。

薄毛治療は高額な保険外診療(全額自己負担)が大半ですから、カウンセリングで自分の症状を説明するだけでなく、治療内容や費用など疑問点はすべて質問したうえで、治療を受けない場合はそこで終了することができます。

医師の初診を受け、検査を受けるのですが、女性向けの薄毛クリニックでは、医師の目視だけでなく、頭部の写真撮影や高解像度のマイクロスコープによる診断を行うところが多く見られます。

また、健康診断も兼ねた血液検査を行うクリニックも多いですし、女性でも発症するAGA(男性型脱毛症)の可能性を判断するための遺伝子検査も受けられます。このように、女性専門の薄毛クリニックでは、薄毛の原因がどこにあるかを絞り込んだ上で治療が受けられます。

女性の薄毛の原因は、こうした診察や検査を通じて、ホルモンバランスの乱れなのか、AGA(女性の場合はFAGAと呼びます)を促す男性ホルモン(女性も少量ながら持っています)のせいなのか、頭皮環境の程度や生活習慣を確認した上で、それぞれに見合った治療が行われます。

現在では、FAGAを促進するDHT(ジヒドロテストステロン)の生成をブロックする医療用医薬品(医師の処方が必要な薬)もありますし、毛根の働きを活性化させるための血管拡張効果がある薬もあります。

こうしたさまざまな検査や治療薬の処方は、医療機関だからこそできる医療行為です。これらは保険外診療であり、一般的な病院ではなく、女性専門の薄毛クリニックが提供できる頭髪ケアだといえます。