女性で薄毛の方向け髪型カタログ

今回は、女性で薄毛の方向け髪型カタログを取り上げます。

薄毛の女性に似合う髪型とは

薄毛に悩む女性に似合う髪型とは、まずは前髪のボリューム感を出すことです。とはいえ、これは無理に髪を持ってくるとか、不自然なことを強いるものではありません。女性の薄毛は前髪からが多いのですが、特にバングのアレンジ次第でおしゃれに見せることができます。

また、ちょっとした工夫で髪全体の軽やかなボリューム感を出すことも重要です。レイヤーで動きを足したり、カールや耳かけスタイル、ふんわりアレンジを取り入れることで、髪の長さに関係なく、薄毛が目立たない髪型に見せることができます。

薄毛女性の髪型といえばショートヘア?

薄毛に悩む女性が最も好む髪型がショートヘアです。セットやメンテナンスが比較的容易であることや、ひとくちにショートといってもさまざまなバリエーションから選べることから、定番のヘアスタイルとなっています。

例えば、前髪と襟足が短いベリーショートは、クセ毛風のナチュラルな仕上がりにすることで薄毛が目立たず、女性らしい軽やかさが演出できます。また、ショートボブはボリュームが出しやすかったり、マッシュベースにしても髪に厚みをもたせることができます。

同じショートでも、くびれのあるカットはメリハリが出て薄毛という感じがなくなりますし、分け目を曖昧にした斜めバングや、前髪を横流しにすることも、ただのショートにちょっとした工夫を添えるだけで、女性らしい軽やかな髪型になります。

薄毛の女性でもミディアムヘアは可能か?

ミディアムヘアは、ロングよりはお手入れが手軽ですし、ショートよりもフェミニンなイメージを与えやすい髪型です。また、ふんわりとした髪型を実現できるのなら、薄毛で悩む女性にもおすすめできるヘアスタイルといえます。

毛髪の量が全体的に物足りない場合でも、毛先をふんわりとカールさせたミディアムレイヤーにすることで、ボリューム不足を解消して軽快さを印象づけることができます。

また、頭頂部の薄毛を大胆にジグザグ分け目を入れることで目立たなくしたり、無造作なほつれ感を出すセミディは、前髪の薄毛が気になっても集めバングを入れることでおしゃれでフェミニンなイメージを出すことができます。

ロングヘアと薄毛の関係

薄毛で悩んでいる女性にとって、ロングヘアは最も難しい髪型かもしれません。髪質によっては、長く伸ばすほどかえってぺたんこになり、強さの無い髪のか細さが目立ってしまうデメリットがあります。

しかし逆に、薄毛であってもある程度髪が伸びる女性であれば、さまざまなバリエーションでアレンジしやすいメリットがあります。例えば、ふんわりと無造作にまとめ髪をするだけでも、薄毛と感じられず、ボリューム感を演出することができます。