女性の抜け毛対策とは

今回は、女性の抜け毛対策を取り上げます。

女性の抜け毛対策とヘアサイクル

女性の抜け毛対策は、健全なヘアサイクルを取り戻すことが基本です。本来髪の毛は、古い毛が抜け落ちたあと新しい毛が生えてきて、成長期→退行期(移行期)→休止期という毛周期を繰り返すことで、髪の毛の総量を維持しています(毛髪のヘアサイクル)。

このため、抜け毛があったからといってただちに薄毛や脱毛症の兆候とは限らず、正常なヘアサイクルの一環として古い毛が一度に落ちるということも珍しいことではありません。

ただし、古い毛が抜けたあと新しい毛が生えてこなかったり、新しい毛が十分に育たないまま抜け落ちる場合は、薄毛や脱毛症の可能性が高いといえます。こうした場合は、女性の方もしっかりと抜け毛対策に取り組むべきでしょう。

これを見分ける一応の目安としては、通常のヘアサイクルなら、十分に成長期を迎えたあとの抜け毛は太くて長く、しっかりした毛ですが、十分に育たないまま細くて短い毛がたくさん抜け落ちるようであれば、抜け毛対策を意識すべきかと思います。

抜け毛対策の基本は、このヘアサイクルを取り戻し、正常な毛髪の発毛・育毛を促すことにあります。特に女性の場合、ヘアサイクルを阻害する要因がいくつかありますので、それを1つ1つ取り除くことが肝要です。

女性の場合も抜け毛にならない対策を

女性の抜け毛対策は、ヘアサイクルを阻害する要因を取り除くことにあります。まず、血行が悪化すると、頭皮を網羅して栄養分を送り届ける毛細血管の流れが悪くなり、毛乳頭や毛母細胞など髪の毛を作る組織の活動が低下します。

このため、血行の改善は、女性の抜け毛対策にとって最も重要なポイントです。適度な運動、睡眠不足の解消、バランスの取れた食事、ストレスの無い生活、禁煙といった生活習慣の見直しは、抜け毛の改善にもとても良い影響を及ぼします。

また、女性の抜け毛対策は、ホルモンバランスも重要です。女性ホルモンは毛髪の成長や育毛に寄与していると考えられていますし、過度な飲酒、過剰なダイエットなど、身体の調整機能に悪い影響を及ぼす習慣は避けるべきです。

もちろん、頭皮環境そのものが悪くなれば、血の巡りも悪くなり、抜け毛を助長する可能性があります。頭皮マッサージを行ったり、女性向けのシャンプーや育毛剤を自分に合ったものを使うなど、頭皮ケア対策にも取り組むと良いでしょう。

女性の抜け毛は多くの場合、こうした生活習慣と頭皮ケアで改善できます。その一方、こうした取り組みを長い間行っていても改善が見られない場合は、医療機関であるクリニックの受診をおすすめします。

女性も男性ホルモンを少量ながら持っており、女性も男性型脱毛症(AGA)にかかります(女性の場合はFAGAといいます)。また、円形脱毛症は多くの場合、リンパ球の自己免疫疾患だとわかってきました。現在では、脱毛症の原因を切り分ける遺伝子検査や、医療用に認められた治療薬もありますし、自分でどうにもならない抜け毛は、専門外来のクリニックに相談してみましょう。