女性の抜け毛と病気の可能性

今回は、女性の抜け毛に病気の可能性があるのかどうかについて取り上げていきます。女性の抜け毛も、抜け毛の背景に病気・疾患が存在する場合と、抜け毛そのものが問題である場合があるため、それぞれの可能性について取り上げます。

女性特有の病気と抜け毛

女性でも、急に抜け毛が増えたら、それはなんらかの病気・疾患のサインである可能性があります。特に甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進症は、それぞれ甲状腺ホルモンの分泌量が異常に減少または過剰になる病気であり、この症状のひとつに抜け毛が見られます。

甲状腺ホルモンは、身体のほとんどの部分にエネルギーの利用を促すホルモンであり、これが不十分だったり過剰であったりすると、代謝機能に悪い影響を及ぼします。また、橋本病やバセドウ病も、甲状腺に関する自己免疫疾患だとわかっています。

甲状腺に関わる病気・疾患は、女性のほうが男性よりとても多く、抜け毛が増えることが症状の一つであることが知られています。毛髪の抜け毛だけでなく、全身の疲れや鬱、手の震えや熱などが同時に起きる場合、これらの病気も疑うべきです。

また、全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症が見られる病気の総称である膠原病も、若い女性の発症が多く、症状のひとつに抜け毛が挙げられる病気です。

その一方、鉄欠乏性貧血も女性に多く、抜け毛をもたらす病気のひとつです。毛乳頭や毛母細胞など髪の毛を作る組織のエネルギー源の栄養素は、全身を網羅する毛細血管の運搬機能のおかげですが、鉄欠乏性貧血は、この運搬機能に必要な鉄分が不足する状態です。

女性が鉄分不足になりやすいのは、月経に伴って赤血球に含まれる鉄分が体外に排出されるからです。このほか、妊娠時も大量の鉄分が必要となりますし、胃潰瘍、胃癌、痔、大腸癌なども消化管出血を伴うことが多く、鉄分を失う原因となります。

抜け毛そのものが問題となる場合

その一方、抜け毛そのものが一種の病気だと考えられるようになりました。例えば、円形脱毛症の原因はストレスと思われていましたが、現在ではリンパ球の自己免疫疾患であることがわかっています。

また、女性も男性ホルモンを持っており、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが男性型脱毛症(AGA)の原因だとわかっています。女性のAGAによる抜け毛はFAGAと呼ばれており、これもひとつの病気・疾患だといえます。

ただし、女性の抜け毛の場合も、食事や睡眠、運動やストレス、頭皮ケアの見直しによって改善する抜け毛がたくさんあります。これらも脱毛症として認識される病気であり、放置することは好ましいことではありません。

女性の抜け毛自体が問題となる場合については、女性の抜け毛の原因は?で詳しく説明しています。多くの場合は生活習慣の見直しで改善する一方、医療機関を受診することで、例えばFAGAにかかる可能性も判別できます(遺伝子検査)し、医療用に認められた治療薬もあります。