女性の抜け毛の原因は?

今回は、女性の抜け毛の原因を取り上げます。本来髪の毛は、通常でも古い毛が抜け落ちたあと新しい毛が生えてきて、成長期→退行期→休止期という毛周期を繰り返しながら、髪の毛の総量を維持しています(毛髪のヘアサイクル)。

女性の抜け毛は頭皮環境の悪化が原因

女性が抜け毛を引き起こす原因は、毛乳頭や毛母細胞など髪の毛を作る組織に対して、栄養分を送り届ける毛細血管の活動が低下し、健全なヘアサイクルが阻害されることにあります。

こうしたことから、頭皮環境の悪化が抜け毛の直接的な要因といえますが、この状況をもたらす原因は、特に女性特有のものもあります。ここでは、女性の抜け毛の原因として考えられるものを説明していきます。

生活習慣と女性の抜け毛

生活習慣が女性の抜け毛の原因と考えられるのは、血行の悪化によって全身を網羅する毛細血管の流れが悪くなったり、体内の調整作用を担うホルモンバランスが乱れることで古い毛が抜け落ちたあと、新しい毛が生えなかったり十分に育たない可能性があるからです。

バランスの取れた食事、適切な運動や睡眠、ストレスを溜め込まない生活習慣などは、身体全体にも良いことですが、特に女性にとって抜け毛の大きな原因を取り除くことにもつながります。また、喫煙も良好な血流の阻害要因ですから、禁煙すべきだといえます。

また、シャンプーや育毛剤などの頭皮ケアも適切に行わなければ、頭皮の過剰な皮脂がフケやかゆみの元となるだけでなく、頭皮環境の悪化から健全な毛髪のヘアサイクルを阻害する原因となる可能性が指摘されています(脂漏性脱毛症/粃糠性脱毛症)。

ホルモンバランスが原因になる女性の抜け毛

女性は思春期や加齢、出産の前後など、ホルモンバランスを大きく変化させやすい時期があります。特に女性ホルモンには、ヘアサイクルや育毛の維持に関わるものがあることがわかっています。

このうち、女性の出産後の抜け毛については、産後の抜け毛の原因は?で詳しく説明しています。また、ピル(経口避妊薬)の服用中止による抜け毛の原因も、出産前後の抜け毛とメカニズムが似ています。

さらに、思春期や加齢に伴う女性の抜け毛の原因は、ホルモンバランスの乱れが指摘されています。ホルモンは本来、身体の形成や調整機能に働きかける体内物質であり、やはり先述のように、生活習慣を見直すことで改善する可能性があります。

女性も男性型脱毛症(AGA)になる(FAGA)

女性も少量ながら男性ホルモンを持っており、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの増加が男性型脱毛症(AGA)の原因であることがわかっています。女性がAGAになった場合、FAGAと呼ばれます。

現在では、FAGAの発症のリスク、つまりFAGAになりやすいかどうかを、遺伝子検査で調べることができます。また、ミノキシジルとスピロノラクトンといった薬効が認められた治療薬を医療機関で医師の処方に基づいて受けることができます。

円形脱毛症など

円形脱毛症は多くの場合、リンパ球の自己免疫疾患であることがわかっています。自然治癒する方も多いのですが、個人差が大きく見られます。医療機関では、免疫機能を抑制するステロイド剤が最も広く用いられます。

女性の抜け毛の原因はさまざまな

ここまで、非常にさまざまな女性の抜け毛を取り上げてきました。この他にも、FAGAとよく似た症状を持つびまん性脱毛症の原因は、頭皮環境の悪化や生活習慣の乱れと言われます。

また、ポニーテールなど髪を強く引っ張っることで生じる牽引性脱毛症、長時間帽子やヘルメットを着用することで生じる圧迫性脱毛症、湿疹や皮膚炎による脱毛症、代謝異常/神経性の脱毛症や、毛髪以外の他の病気・疾患の症状の1つとして抜け毛が現れる女性も少なくありません。

こうした女性の抜け毛は、その原因を除去することで多くの場合改善します。頭皮ケアも重要ですし、生活習慣の見直しや、毛髪や頭皮そのものを傷めている原因を取り除くことで、健全な毛髪のヘアサイクルを取り戻せる可能性があります。

その一方、こうしたさまざまな取り組みにも関わらず、抜け毛の改善が見られない女性の方もおられます。これは自分では対処できない原因の可能性がありますし、現在では遺伝子検査や医療用に認められた治療薬などもあることから、医療機関であるクリニックの受診をおすすめします。