女性の前髪が薄毛になる原因と対策

今回は、女性の前髪が薄毛になる原因と対策を取り上げます。

女性の前髪が薄毛になる原因

女性の前髪が薄毛になる原因には、びまん性脱毛症/FAGA、産後の脱毛症、牽引性脱毛症が挙げられます。その他の可能性も含め、これらをもたらす要因としてはホルモンバランス、血行、頭皮環境の悪化が挙げられます。

びまん性脱毛症/FAGA

まず「びまん性脱毛症」とは、前髪をはじめ、毛髪が徐々に薄くなっていく脱毛症です。特に女性に多く見られます。また、女性でも「男性型脱毛症(AGA)」を発症する方が多く、これを「FAGA」と呼ぶことがあります。

びまん性脱毛症の原因は、頭皮環境の悪化や生活習慣の乱れと言われます。AGA/FAGAの原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という脱毛を促進する男性ホルモンの増加です。

女性が前髪などから徐々に薄毛になる場合、その原因は脱毛を促す男性ホルモンの増加によるFAGAが疑われます。女性が持つ男性ホルモンの量は男性ほどではないため、DHTの増加による脱毛も少しづつ進行する傾向があります。

女性のびまん性脱毛症とFAGAは、男性よりも少しづつ進行する点がとても似ています。FAGAの場合は、DHTの生成を阻害する効果が認められた医療用医薬品も登場しており、医療機関であるクリニックで処方を受けることが可能です。

産後の脱毛症/ピルの服用中止

産後の脱毛症は、妊娠から出産を経た時期のホルモンバランスの変化が原因だと分かっています。また、服用していたピルを中止した場合も、同じメカニズムで薄毛になることがわかっています。

どちらも多くの女性は、一過性の脱毛で済む方が多いものの、なかには前髪の薄毛だけでは済まないケースがあります。この場合は、やはりクリニックなど適切な医療機関に相談すべきだといえます。

女性の前髪が薄毛になる他の原因

このほか、男女ともに多く、前髪の薄毛にとどまらず毛髪が一度に抜け落ちる「円形脱毛症」は、リンパ球の自己免疫反応が原因だとわかっています。円形脱毛症は自然治癒する方も多いのですが、経過は個人差が大きく、自己判断すべきでない脱毛症といえます。

脂漏性脱毛症/粃糠性脱毛症は、それぞれ大量の皮脂や老廃物(フケなど)が原因で薄毛を招く脱毛症であり、女性であっても前髪の薄毛だけにとどまらず、清潔な頭皮環境や生活習慣の見直しにきちんと取り組むべき症状と言えます。

牽引性脱毛症/圧迫性脱毛症/湿疹や皮膚炎による脱毛症は、ポニーテールなど髪を強く引っ張ったり、長時間ヘルメットや帽子をかぶるなどの圧迫や、パーマやカラーリングなどで湿疹や皮膚炎から薄毛になる症状であり、女性の薄毛に多く見られます。

このほか、代謝異常/神経性の脱毛症や、毛髪以外の他の病気・疾患の症状の1つとして薄毛や脱毛が前髪から現れる女性も少なくありません。前髪の薄毛はさまざまな脱毛症のサインかもしれません。決して軽視すべきではないと思います。

女性の前髪の薄毛対策

もしご自身が女性で、前髪が薄毛になったと感じたら、その対策としては、前髪が薄くなった原因を特定し、それぞれの原因に見合った対策を行うことです。薄毛の原因がホルモンバランスなのか、生活習慣や頭皮環境にあるのか見極めるべきです。

例えば、代謝異常/神経性の脱毛症は、偏った食生活、急激なダイエット、過度の飲酒やタバコ、睡眠不足、ストレスなどが原因でホルモンバランスの乱れや血行の悪化を招く脱毛症といえます。生活全般を見直し、心当たりがあれば適切な対策に取り組みましょう。

血行の悪化は頭皮環境の悪化を招き、健全な毛髪の成長サイクルを阻害します。髪に優しいシャンプーや育毛剤の活用、運動、睡眠、食事、ストレスなどの対策を行うことで、女性の薄毛は前髪から改善することが少なくありません。

その一方、FAGAや円形脱毛症など、薄毛・脱毛を促す男性ホルモンの増加や自分では判断が難しい脱毛症もあります。自分で出来る育毛剤や生活習慣など上記に挙げた対策に取り組んできても効果が感じられない場合は、医療機関の受診をおすすめします。

スポンサーリンク