ビタミンと毛髪の関係は

ビタミンとは、生物にとって必要な栄養素のうち、炭水化物、タンパク質、脂質以外の有機化合物の総称です。無機物のことはミネラルといいます。ビタミンは自ら作ることが出来ず、食料として摂取する必要がある栄養素です。

ビタミンに該当するかどうかは、生物によって異なります。例えばビタミンCは、多くの動物は体内で合成することができる物質であってビタミンではありませんが、人間などほとんどの霊長類やモルモットなど一部の哺乳類では、体内で合成することが出来ず、体外から摂取する必要があるためビタミンに該当します。

人間にとってのビタミンは13種が認められており、水に溶けやすい水溶性ビタミンと、油に溶けやすい脂溶性ビタミンがあります。

ビタミンはA、B、Cなどの分類があります。これら「ビタミン」は体内への作用による分類であって、ビタミンという物質があるわけではありません。例えば、ビタミンAには、レチノール、レチナール、レチノイン酸があります。

ビタミンは欠乏しても過剰摂取しても障害や疾患を生じる可能性があり、適度な摂取が必要です。我が国では、厚生労働省が「日本人の食事摂取基準」を定めています。

ビタミンは抗酸化作用を持ったものが多く、補酵素として機能するものも多く見られます。補酵素とは文字通り、酵素が作用を発揮するために補助的な役割を果たす物質です。補酵素が無ければ酵素が機能しないため、特に代謝機能の維持には欠かせない栄養素です。

ここでは、特に毛髪との関係において重要なビタミンを取り上げていきます。

ビタミンA

ビタミンAとは、脂溶性ビタミンのうち、化学的にはレチノイドと呼ばれる物質です。ビタミンAは体内において、レチノール、レチナール、レチノイン酸といった物質として作用しています。狭い意味では、レチノールだけをビタミンAと呼ぶことがあります。

ビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫な状態に保つ、視覚の正常化、病気への抵抗力や免疫機能を強化といった働きがあります。ビタミンAの欠乏症は、夜盲症、成長不良、抵抗力の低下、骨・歯の発育不良や変形、皮膚の異常な乾燥・色素沈着といった症状を引き起こします。

その一方、ビタミンAの過剰摂取もさまざまな障害を引き起こします。特に、人体の成長機能を過剰に促進することから異常をきたし、脱毛の原因にもなることが知られています。

ビタミンAは、動物性食品ではレチノールとして含まれ、鶏レバー、豚レバー、ウナギなどに多く含まれます。その一方、体内でビタミンAに変換されるプロビタミンA (ビタミンAの前駆体) というものがあります。

プロビタミンAの代表的な物質は、β-カロテンです。β-カロテンは緑黄色野菜や海草に含まれ、特ににんじん、ほうれん草、かぼちゃなどが多く含んでいます。

ちなみに「カロテン」とは、黄、橙、赤色などを示す天然色素の一群である「カロテノイド」の一種です。カロテノイドは、ビタミンAの前駆体として以外にも、抗酸化作用を持った栄養素です。

ビタミンAは、欠乏症も過剰摂取による障害もありますし、一般的な食生活において適度な摂取量を守ることが必要です。ただし、β-カロテンは体内に入ったときに、ビタミンAが十分な量ならビタミンAに変化しないため、量を気にせず安心して摂れると言われています。

ビタミンB群

ビタミンB群とは、ビタミンB1(チアミン、サイアミン)、ビタミンB2(リボフラビン、ラクトフラビン)、ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、ビタミンB6(ピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミン)、ビタミンB12(シアノコバラミン、ヒドロキソコバラミン)、葉酸(ビタミンB9)、ビオチン(ビタミンB7。かつてはビタミンHと呼ばれていた)の8種の総称です。

ビタミンB群はすべて水溶性のビタミンで、炭水化物をエネルギーに変える役割を持つ物質です。かつては、この性質を持つ物質ならどんどんビタミンB群に登録されていましたが、その後整理が行われた結果、現在ではこの8種とされています。

ビタミンB群は、すべて補酵素として機能することも分かっています。補酵素とは、酵素のタンパク質部分(アポ酵素)とゆるい結合で結ばれる物質であり、遊離することで1つの物質がさまざまな代謝に関与したり、原子の集団(原子団)を運搬する働きがあります。

一般に酵素とは、それ自体は変化ないものの、特定の生体反応に触媒として機能する物質のことです。酵素の多くはタンパク質で構成され、補酵素とアポ酵素はそれぞれ単独では機能しません。

このため、補酵素であるビタミンB群は、体内で起こる非常に多くの生体反応に必須の物質といえます。摂取したタンパク質をアミノ酸に分解する作用にも関与しており、頭皮環境の改善にも欠かせない物質といえます。

ビタミンB群のうち、特に頭皮環境に関わりがあるのは、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB7(ビオチン)、葉酸(ビタミンB9)、ビタミンB12といえます。

特にビタミンB2は、頭髪をはじめ体全体の正常な健康状態の維持に不可欠な物質で知られています。ビタミンB2の欠乏状態は、脂漏性皮膚炎や脱毛症を引き起こすことが分かっています。

ビタミンB6はアミノ酸の代謝や神経伝達に用いられ、ヘモグロビンの合成にも関わります。ビタミンB6の欠乏状態は、脂漏性皮膚炎を引き起こすことが分かっています。

ビタミンC

ビタミンCは水溶性ビタミンの一種で、化学的には「L-アスコルビン酸」と呼ばれる物質です。抗酸化作用で知られる栄養分ですが、コラーゲンの生成(壊血病の予防・治療にもつながります)、鉄分やカルシウムなどミネラルの吸収促進、ビタミンEの再生など、非常にさまざまな役割を持つ重要な栄養分です。

ビタミンCの欠乏は、壊血病などの疾患を招きます。体内で吸収されなかったビタミンCは尿中に排出されますが、腸管が耐えうる量を超えるほど過剰摂取すると下痢を引き起こします。

また、ビタミンCの過剰摂取は、先ほどのミネラルの吸収促進が強まりすぎて、鉄過剰症を招くおそれがあります。なお、ビタミンCは加熱に弱いという欠点があります。

多くの健康食品で「レモン1個分のビタミンC」という表記がありますが、これは農林水産省が昭和62年(1987年)に定めた「ビタミンC含有菓子の品質表示ガイドライン」に基づくもので20mgです。

確かにレモンをはじめとする柑橘類(オレンジ、ライムなど)には多くのビタミンCが含まれていますが、レモンよりはグレープフルーツやユズのほうが多く含んでいます。このほか、アセロラや緑黄色野菜はビタミンCを多く含んでいます。

ビタミンE

ビタミンEは、トコフェロールとも呼ばれる脂溶性ビタミンの一種です。トコフェロールはさまざまな型がありますが、特に人間の体内で活性するD-α-トコフェロールは自然界に幅広く存在しています。

ビタミンEはとても強い抗酸化作用を持つ物質であり、医薬品、食品、飼料、食品添加物の酸化防止剤など、さまざまな用途に実用化されています。

抗酸化物質としてのビタミンEは、代謝によって生じるフリーラジカルから細胞を守ること役割を果たします。ビタミンEは、フリーラジカルを消失させて自らがビタミンEラジカルとなり、フリーラジカルによる脂質の連鎖的酸化を阻止します。

なお、発生したビタミンEラジカルは、ビタミンCなどの抗酸化物質によってビタミンEに再生されます。このほか、ビタミンEの投与により、放射線による赤血球の溶血や、細胞小器官であるミトコンドリア、ミクロゾーム、リボゾームの脂質過酸化反応が顕著に抑制される効果が示されています。

ビタミンEが欠乏すると、不妊症、筋萎縮症、脳軟化症の原因になると言われています。ただし、ビタミンEは植物油に豊富に含まれているため、一般的な食生活で欠乏症になることはほとんどありません。

その一方、ビタミンEは脂溶性のため体内に蓄積しやすいことから、過剰摂取はすすめられません。動物実験レベルでは、骨粗しょう症になる恐れが高まるとの報告もあります。

ビタミンEは、ひまわり油、綿実油、べにばな油、米ぬか油、とうもろこし油などの油脂類、アーモンド、ラッカセイ、大豆、キャビア、いくら、たらこ、青魚、マヨネーズに多く含まれています。