薄毛の女性でも似合う髪型は?

今回は、薄毛の女性でも似合う髪型について考えていきます。ここでは、ショート、ミディアム、ロングの長さに応じて、若い女性から大人の女性までおすすめできそうな髪型を検討していきます。

ショートヘアの活用は薄毛で悩む女性に最適

薄毛で悩む女性には、ショートヘアを後ろ向きな思考で消去法的に選ぶのではなく、髪型はショートをベースにしつつ、ひと工夫を加えるだけで、女性らしく積極的なヘアスタイルが実現します。

特にマッシュショートは、トップも前髪も薄毛を感じる女性が、スタイリッシュに見せやすい優秀な髪型といえます。例えば、マッシュベースでショートボブにすると髪にボリューム感を出しやすくなりますし、ショートマッシュにシースルーバングの組み合わせは、生え際の薄毛も気にならなくカバーできます。

マッシュショートは髪のお手入れも手軽に済みやすく、特に若い女性におすすめの髪型です。その一方、大人の女性がショートカットで薄毛をカバーしようと思えば、例えばレイヤーで動きをつけることで、ふんわりと軽い印象付けとなり、どの世代でもおすすめできる髪型となります。

ミディアムヘアは大人の女性におすすめ

ミディアムヘアは、特に大人の女性が薄毛をカバーする場合におすすめできる髪型です。ショートだと幼く見えてしまいますし、ロングだとかえって薄毛が目立つことがあります。
ミディアムヘアは、こうした両方の悩みに応えるバランスのとれた髪型といえます。

とりわけ、前髪をシースルーバンクにするのは、生え際の薄毛をカバーするのに最適ですし、これにロングになり過ぎないミディアムヘアの組み合わせは、女性らしい華やかさをキープできます。

ただし、シースルーバンクでは幼い印象を持ちやすいという避けたい方には、例えば長めの前髪でミディアムボブという髪型がおすすめです。これなら、ロングのように薄毛感が前面に出ること無く、大人っぽい印象をキープすることができます。

ロングで薄毛をカバーするには

女性が薄毛をカバーする場合の髪型としては、ロングヘアはボリューム感が出しにくく、最も難しいケースではあります。ただし、考え方ひとつで、十分おすすめできるヘアスタイルにもなります。

1つの考え方としては、ロングヘアをベースにするなら、フルバングや厚めバングで軽く流したりふんわりスタイリングを加えることで、薄毛をカバーするだけでなくボリューム感を印象づける髪型ができます。特に若い女性におすすめできます。

その一方、大人の女性がロングヘアで薄毛をカバーするとなると、より難易度は高いかもしれません。ただ、夜会巻きをベースにしてアレンジを加えるなど、ボリューム感をもたせる髪型がおすすめであることは間違いありません。

髪型だけでなく頭皮ケアも

ここまで、薄毛で悩む女性におすすめできる髪型を考えてきましたが、やはり生活習慣の見直しやシャンプー、育毛剤などの活用も併行して考えることをおすすめします。今ある毛髪を前提にしたヘアスタイルにとどまらず、薄毛を減らす取り組みも重要です。

薄毛の最大の原因は毛髪サイクルの異常であり、これをもたらす要因にはさまざまなケースが挙げられます。市販の育毛剤やシャンプー、睡眠や運動の改善でも効果が無かった場合には、クリニックの受診という選択肢も検討して良いと思います。

スポンサーリンク