自毛植毛とは?治療と効果について

自毛植毛とは 治療と効果について

今回は、自毛植毛とは何かについて、その治療と効果まで取り上げて説明します。

自毛植毛とは

自毛植毛とは、自分の髪の毛を薄毛・脱毛症になっている部分に移植する医療行為です。医療行為ですから医療機関(クリニック)でしか受けられません。薄毛になっていない部分から移植するドナーを採取して、薄毛になっている部分に移植する施術です。

自毛植毛は、髪の毛だけではなく、髪の毛を生成する組織ごと移植する外科手術的な施術です。毛には毛周期があるため、施術後一時的には抜け落ちます。しかし、またしっかりと生えてきます。毛包ごとを移植するため、ほぼ生涯に渡って半永久的に生え続けます。

また、人工的に作られた人工毛移植と異なり、自分の毛の移植(自家移植)であるため、移植先で拒絶反応が起こることはなく、非常に安全性が高く確実な方法です。

自毛植毛の治療

自毛植毛の治療は、主に後頭部(または側頭部)から毛包ごと採取して、前髪や頭頂部など薄毛になってる部分や生え際に移植することが多く見られます。

これは、脱毛症の原因は男性ホルモンの増加であり、これを引き起こす酵素の影響を受けやすいのが前髪・頭頂部・生え際であり、酵素の影響を受けにくく健全なヘアサイクルを維持しやすいのが後頭部・側頭部の毛髪組織だからです。

自毛植毛の種類

自毛植毛の治療法は、メスを使うか使わないかによって、メスを使うFUSS法と、メスを使わないFUE法に大別されます。

メスを使うFUSS法は、従来からニードル法(Choi式、単一植毛)ストリップ法(FUT)という方法で行われ、これを改良したものにHair Moving植毛法とは(AGAスキンクリニック/東京ビューティークリニック)などがあります。

メスを使う方法は、メスで切り取るため一度にドリフト(株)を採取できるメリットがある一方、縫合の必要があり、手術のあとの大きな痕跡が残ったり痛みを感じやすいデメリットがあります。

メスを使わないダイレクト法(FUE)は、非常に多くのクリニックで導入が進んでおり、後述のようにそれぞれ独自に改良した発展的な施術が行われています。

メスを使わない方法は、専用のパンチでドリフトをくりぬいて採取するため縫合の必要が無く、大きな痛みや痕跡がほとんど無いというメリットがあります。こちらはi-direct法(アイランドタワークリニック)、スマート・グラフト(AGAスキンクリニック/東京ビューティークリニック)、SAFE法などの方法が開発され、広範囲に採取しにくく定着率が低かった問題を大幅に改良しています。

自毛植毛の効果は

自毛植毛は、日本皮膚科学会による薄毛治療のガイドラインで「B:勧められる」の評価を受けています。それより上位の「A:強く勧められる」は、内服薬の「フィナステリド(プロペシアの主成分)」と外用薬の「ミノキシジル」が受けています。

確かに、「毛髪の現状維持」という観点では、A評価の薬物療法が効果的です。フィナステリドは脱毛症を引き起こす酵素の働きをブロックし、ミノキシジルは血管拡張作用があり、髪の毛を作る組織に栄誉分を運搬する毛細血管を活性化させます。

ただし、A評価を受けた薬物療法はどちらも、「脱毛の抑止」や「低下したヘアサイクルの働きの回復」を目指す効果にとどまります。髪の毛を作る組織そのものを新たに置き換えるものではなく、薬の使用をやめれば元の症状に戻ります。

その一方、自毛植毛は毛包ごと移植することで髪の毛を作る組織ごと新たに置き換える施術です。これは根本的な解決方法であり、一度施術を行えば、毛周期による一時的な脱毛の経過観察以外に特別な追加措置は不要であり、ほぼ生涯に渡って生え続ける施術です。

自毛植毛は毛根自体を薄毛の部分に植え付ける治療法です。ずっと飲み続けなければならない薬物療法とは異なり、その効果は確実かつ永続的であり、一度の施術と術後の観察のあとは、特別な措置や費用が全く不要な施術といえます。

スポンサーリンク