東京ビューティークリニックのDr’sメソ(FAGAメソセラピー)

今回は、東京ビューティークリニックのDr’sメソ(FAGAメソセラピー)を取り上げます。

東京ビューティークリニックのDr’sメソ(FAGAメソセラピー)とは

東京ビューティークリニックのDr’sメソ(FAGAメソセラピー)とは、注射器を使って頭皮に直接薬剤を注入する治療法(メソセラピー)です。東京ビューティークリニックでは、有効成分を絶妙なバランスで処方したオリジナル発毛カクテルを注入します。

なお、東京ビューティークリニックは女性専用の薄毛外来ですが、同じ系列のAGAスキンクリニックでは男性患者も受け付けており、男性向けにはDr’sメソ(AGAメソセラピー)を処方しています。

男性向けのDr’sメソ(AGAメソセラピー)はフィナステリドを配合していますが、この薬は女性には禁忌であり、有効成分を女性向けに見直して、安全かつ高い発毛効果を持ったのがDr’sメソ(FAGAメソセラピー)といえます。

Dr’sメソ(FAGAメソセラピー)の中心となる成分は、ミノキシジルと発毛成長因子(IGF-1、BFGF、VEGF)です。これにより、止まってしまった女性のヘアサイクルを正常に取り戻し、健全な髪の毛の発育や成長を促す効果が期待できます、

特に東京ビューティークリニックのDr’sメソ(FAGAメソセラピー)は、髪が全体的に薄くなったとか、さまざまな発毛サロンやエステに通ったが効果が無かったといった方におすすめできます。育毛剤やシャンプーでは効果が無かった方にも最適な治療法といえます。

Dr’sメソ(FAGAメソセラピー)の主成分

Dr’sメソ(FAGAメソセラピー)の主成分のうち、ミノキシジルは血管拡張作用で知られています。薄毛や抜け毛の多くは、血流の悪化によって、毛乳頭や毛母細胞など髪の毛を作る組織に十分な栄養素が送られず、ヘアサイクルが阻害されていることが原因です。

これに対してミノキシジルは、血行を改善させ、毛細血管に対して毛髪の生成に必要な栄養素を送り届ける活動の活性化を促します。さらにDr’sメソ(FAGAメソセラピー)では、発毛成長因子(IGF-1、BFGF、VEGF)も豊富に配合しています。

発毛成長因子のうち、IGF-1(インスリン様成長因子)は毛母細胞の分裂を促進し、bFGF(線維芽細胞増殖因子)は血流を促進して毛包を活性化させ、VEGF(血管内皮増殖因子)は毛包に栄養を与える血管の新生を促進します。

このほか、ミネラル・ビタミン・鉄分といった発毛を行う組織の動力源となる栄養素を豊富に配合しています。東京ビューティークリニックのDr’sメソ(FAGAメソセラピー)は、髪の中からも外からも、自らの成長を促す無理のない治療といえます。

Dr’sメソ(FAGAメソセラピー)の注入方法

発毛メソセラピーは注射器を使って頭皮に直接注入する治療法であり、これだけを聞くと痛そうなイメージですが、東京ビューティークリニックではクールセンスという冷却器具を用いて頭部を冷やすため、麻痺した状態で注入を受けることが可能です。

東京ビューティークリニックのDr’sメソ(FAGAメソセラピー)では、表皮と真皮の間に薬を注入し、発毛有効成分を浸透させるパピュール法という方法を採用しています。これは細く浅く注入するナパージュ法に比べ、非常に確実な効果を得られやすい注入法といえます。

クールセンスという-2℃の冷却器具で頭皮の感覚を麻痺させるため、注射針が刺さる痛みはほとんどありません。また、Dr’sメソ(FAGAメソセラピー)という治療法は、「Rebirth Lady」(→東京ビューティークリニックのオリジナル発毛薬)と併用して受ける方が圧倒的に多く、発毛効果をより一層高め、より太く強い髪に成長させています。

カウンセリング予約はこちら