夏に女性の抜け毛が多い原因と対策

夏は女性の抜け毛が最も多い時期といえます。今回は、女性が生じる夏の抜け毛の原因と対策を取り上げます。

女性の抜け毛が夏に多い原因

夏に女性の抜け毛が多くなる最も大きな原因は紫外線です。紫外線は、皮膚のタンパク質を変性させ、皮膚の老化を促す作用が確認されています。当然、頭皮へも少なからず影響をもたらしますし、あまり強い日差しを受け続けることは避けるべきです。

紫外線の量は、太陽高度、上空のオゾン量、雲やエーロゾル(大気中の浮遊微粒子)などの影響を受けて変化します。なかでも太陽高度は特に大きく影響し、太陽高度が高いほど紫外線量は一般に多くなります。季節でいえば夏、1日のなかでは昼間が該当します。

また、夏のクーラーも、女性の抜け毛を助長する原因となります。クーラーの効きすぎた部屋はそれだけ体力を消耗しますし、クーラーが送る風を受け続けることで、頭皮の保湿性が失われ、乾燥した肌に陥る可能性があります。

その一方、夏はただでさえ汗をかきやすく、頭皮にも皮脂が多量に分泌されやすい時期です。女性も皮脂が過剰に分泌されれば、頭皮環境の悪化から抜け毛が生じやすくなります。

女性に多い夏の抜け毛対策

夏の抜け毛は女性に多く見られるものであり、放置すべきではありません。特に頭皮を紫外線から守るには、帽子をかぶることが最も手軽に解決できる対応策です。

また、肌に負担の少ないSPFが高すぎない日焼け止め、ヘア用UVスプレー、紫外線カット率の高い日傘を利用するなど、有効な紫外線対策はいくつも考えることができます。

UVカットの帽子やパーカについて、独立行政法人の国民生活センターでは、紫外線遮蔽率は96%以上でほぼ表示(97%)通りだったという商品テスト結果(受付番号:22059)を公表したことがあります(2010年12月公表)。

また、クーラーから送られる風が直接当たらないようにすることも有効ですし、自分にあったシャンプーや育毛剤を使うことも、女性にとって夏の抜け毛対策となります。

もちろん、夏に限らず、女性の場合も抜け毛の原因は、血行の悪化やホルモンバランスの乱れが影響することが多く見られます。このため、食生活を見直し、適度な睡眠や運動に取り組み、禁煙は避けてストレスフリーの生活を送ることが重要です。

こうした取り組みを長い間続けても改善が見られない抜け毛の場合は、夏・冬などの季節的な要因では無い可能性があります。現在では脱毛症の原因を切り分ける遺伝子検査や、医療用に認められた治療薬もあるため、医療機関であるクリニックの受診もおすすめします。