新宿AGAクリニックはAGA/円形脱毛症/女性の薄毛にも向き合う

新宿AGAクリニックはAGA/円形脱毛症/女性の薄毛にも向き合う

新宿AGAクリニックは、AGA、円形脱毛症、女性の薄毛など、ありとあらゆる薄毛・抜け毛の症状に向き合うクリニックです。飲み薬(内服薬)、塗り薬(外用薬、塗布薬)、発毛メソセラピーによる計600以上のパターンから、完全オーダーメイドの処方を提供します。

新宿AGAクリニックのAGA治療

新宿AGAクリニックは、AGA治療に高い成果を挙げています。AGA(男性型脱毛症)の原因となる男性ホルモンは女性も持っており、女性もAGAを発症する可能性があります(女性のAGAをFAGAとも言います)。

AGAは、前頭部や頭頂部から徐々に薄毛が進行する特徴があり、AGAの発症リスクや後述する治療薬の効きやすさ(感受性)は、遺伝子検査で調べることができます。

AGA(またはFAGA)の原因は、5α-リダクターゼという酵素が、発毛を抑制するDHTという男性ホルモンを活性化させることです。新宿AGAクリニックなら男性には、酵素をブロックするプロペシアやフィナステリド、その効果が更に強いザガーロ、デュタステリドといった医薬品を月々数千円からの料金で処方できます。

ただし、これらの薬はホルモンバランスに影響するため、女性には使えません。そこで新宿AGAクリニックなら、女性の薄毛治療薬として世界で初めて認可を受けたパントガールや、男性とは異なるFAGA発毛メソセラピーなどを提供することができます。

円形脱毛症にも新宿AGAクリニック

新宿AGAクリニックは、円形脱毛症の治療にも対応できます。円形脱毛症はAGAとは異なり、局所的に突然毛が抜け落ちる傾向が見られます。その発生の症状によって、1箇所(単発型)、複数箇所(多発型)、頭皮全体(全頭型)、全身の体毛が抜け落ちる(汎発型)と分類することができます。

こうした症状に対しても、新宿AGAクリニックなら、単発型/多発型ならまずステロイド/塩化カルプロニウム外用、セファランチン/グリチルリチン内服、長引いたらステロイド局注、急速な症状の拡大や全頭型/汎発型ならステロイド内服に対応しています。

もちろん、ステロイド内服は副作用を考慮して、投与には慎重な検討が必要です。おのほか、新宿AGAクリニックでは、局所免疫療法にも対応しています。

新宿AGAクリニックは女性の薄毛にも

新宿AGAクリニックは女性の薄毛にも取り組んでいます。女性の薄毛は1つの原因や症状とは限らず、分け目、前頭部、円形脱毛症のほか、髪の毛のコシやボリュームが低下したり、全体的に地肌が透けて見えるなど、非常にさまざまな悩みが生じます。

これに対して新宿AGAクリニックなら、先述のパントガール、育毛サプリメントのViviscal Professional、血流改善効果を持つミノキシジル(内服/外用とも)、女性専用の成長因子を用いた発毛メソセラピーなど、個々の症状に見合った適切な処方を提供します。

このように新宿AGAクリニックなら、ありとあらゆる頭皮や毛髪の悩みに対して、20パターン以上の内服薬、6種類以上の外用薬、5パターン以上の発毛メソセラピーなど、計600パターン以上から患者さんひとりひとりに見合った完全オーダーメイドの処方を実天しています。

新宿AGAクリニックに行きます。