親和クリニックの自毛植毛は女性でも受けられる!

親和クリニックの自毛植毛は女性でも受けられる

親和クリニックの自毛植毛は、男性だけでなく、女性でも受けられます。女性もAGA(男性型脱毛症)にかかる可能性はあります(女性のAGAのことをFAGAとも言います)。また、女性の場合は、より幅広く、薄毛や抜け毛で悩むケースが数多くあります。

親和クリニックの自毛植毛が良いのはなぜか?

親和クリニックの自毛植毛は、薄毛の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けにくいことがわかっている後頭部や側頭部の毛髪を、毛を生成する仕組みごと移植先の部位に移すというものです。

DHTとは、テストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素の働きによって生成される、より強い性質を持った男性ホルモンです。女性も少量ながら男性ホルモンを体内に有しているため、AGA(FAGA)になる可能性があります。

女性の場合、こうした男性のAGAに相当する女性男性型脱毛症(FAGA)だけでなく、髪全体にボリュームが無くなるびまん性の脱毛症、フェイスリフト(しわ取りの手術)の傷跡、出産をきっかけとする女性特有の薄毛の治療など、非常に様々な方が来院されます。

親和クリニックの薄毛治療は、特に女性の場合、たくさんの原因や症例があることを踏まえ、いきなりただちに自毛植毛を行うということはありません。施術を受けることを前提にしなくても、初回のカウンセリングだけなら無料で受けられます。

親和クリニックに行きます。

親和クリニックの女性向け薄毛治療

親和クリニックでは、自毛植毛だけでなく、女性向けのFAGA治療薬や、ノーニードルの発毛メソセラピーなども用意しています。ご自身の頭髪の状態や、薄毛治療を受けた経験がある方にはその治療内容も伺った上で、適切な治療法を提案していきます。

自毛植毛は、毛髪を生成する仕組みごと移植するため、一度受けたらその部分は一生髪が生え続けます。自家移植であり他人の毛髪や人工毛の植毛では無いため、拒絶反応やそれに伴う肌トラブルが起きません。

親和クリニックの自毛植毛は、採取時にメスを使わないため、手術時の大きな痛みが軽減され、縫合の必要が無いため手術痕が目立つこともありません。女性の方でも、FAGAと診断された方には最良の治療法だと思います。

その一方、特に女性の場合、体質、遺伝、生活習慣など、薄毛を引き起こす要素は様々です。親和クリニックでは女性向け薄毛治療薬として世界で初めて承認されたパントガールや、血流改善を通じて発毛を促すミノキシジル(親和オリジナル処方)、ノーニードルの発毛メソセラピーなども用意しています。

親和クリニックに行きます。