親和クリニックは事故/手術/ケガ/ヤケドによる脱毛も対応

親和クリニックは事故 手術 ケガ ヤケドによる脱毛も対応

親和クリニックは、事故、手術、ケガ、ヤケドなどの後で毛髪が生えてこなくなった脱毛状態にも対応します。これらが原因で毛は生えてこなくなった場合、多くは瘢痕性脱毛症と言われ、毛包を失った状態ですが、自毛植毛なら再び発毛を取り戻せます。

親和クリニックは瘢痕性脱毛症にも対応

親和クリニックは、瘢痕性脱毛症にも対応します。瘢痕性脱毛症とは、さまざまな原因(事故、手術、ケガ、ヤケドなど)によって毛包が破壊され、その部分が瘢痕化する症状を指します。

なんらかの原因によって毛包を失うということは、毛包は毛乳頭や毛母細胞など、体毛を作る組織のまとまりを包んだ部分ですから、その部分からは二度と毛が生えません。また、瘢痕とは皮膚が損傷した後、通常の皮膚の組織とは異なる組成になった状態です。

瘢痕性脱毛症は、男性でも女性でも生じる可能性があります。瘢痕性脱毛症は毛包そのものを消失した状態です。このため、飲み薬、塗り薬、発毛メソセラピーなど他の治療法では改善が困難であり、自毛植毛が最善の治療法だと思います。

親和クリニックの自毛植毛はメスを使わないため、新たに手術痕が出来てしまうリスクがありません。また、毛髪を生成する組織ごと移植するため、一度手術を受けたら追加のメンテナンスや特別な出費が不要のまま、一生髪が生え続けます。

親和クリニックに行きます。

瘢痕治療なら親和クリニックの自毛植毛なら

親和クリニックの自毛植毛は、薄毛を引き起こすDHTという物質の影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛髪を、株やドラフトと呼ばれる毛を生成する組織ごと移植する手術です。従来とは異なり、メスを使わないため、誤って株を切断するリスクもありません。

自毛植毛は、他人の毛髪や人工毛ではなく、自分の毛髪を薄毛の部位に移植する手術です。自家移植のため、拒絶反応やそれに伴う皮膚の腫れ、赤み、ただれなどの肌トラブルの危険性がありません。

また、従来の自毛植毛は、採取部分をバリカンなどで刈り上げて採取する方法であり、これだと該当部分が術後に回復するまで、カバーシート(かつらのようなもの)を使う必要がありました。

親和クリニックの自毛植毛は、メスを使わないことに加え、刈り上げる必要が無い方法も選ぶことができます。一度手術を受ければ、薬を飲み続ける(塗り薬を使い続ける)、メソセラピーを受け続けるといった必要も一切なくなり、生涯に渡って髪が生え続けます。

親和クリニックに行きます。