長い目で見れば決して高くないのが親和クリニックの自毛植毛

長い目で見れば決して高くないのが親和クリニックの自毛植毛

親和クリニックの自毛植毛は、確かに決して安くは無いかもしれません。しかし、一度施術を受ければ二度と同じような費用はかかりませんし、特別なメンテナンスや出費も不要です。一生に渡って髪が生え続けるため、長い目で見ればむしろお得だといえます。

自毛植毛は本当に生え続けるのか?

自毛植毛は、「株」や「ドラフト」などといわれる、髪を生成する仕組みごと薄毛になっている部分に移植する手術です。このため、採取時に株を切断すること無く、移植時にきちんと生着する技術があれば、移植先で髪が生え続けます。

そもそも自毛植毛とは、薄毛になりにくい後頭部や側頭部の毛髪を、薄毛が目立つ部位に移植する手術の一種です。薄毛を引き起こすのはDHTという物質であり、この影響は前髪や頭頂部が受けやすく、後頭部や側頭部の毛髪は受けにくいことがわかっています。

自毛植毛は他人の毛髪ではなく、自分の毛髪を移植する自家移植であるため、拒絶反応が生じるリスクがありません。また、人工毛植毛のように、拒絶反応やそれに伴って皮膚が荒れてしまうなどの危険性もありません。

自毛植毛の成功を左右するのは、株を切断しないことや、移植時にしっかりと植え付けることです。親和クリニックでは、メスを使わず専用のパンチで1株ずつ丁寧に採取し、極細径パンチブレードなどを用いて移植部位を作成するため、極めて高い生着率を実現しています。

親和クリニックに行きます。

親和クリニックの自毛植毛なら安心で確実

親和クリニックの自毛植毛なら、一度手術を受ければ同じことを二度も受ける必要がありません。今まで薄毛に悩んでいた方も、お薬やメソセラピーなどを受ける必要がなくなり、特別な追加出費は必要なくなります。

自毛植毛はメスを使って採取部分を切り取る方法もありますが、これは術後に縫合する必要があり、手術痕や傷痕がのちのち残ります。また、メスによる採取は株を切断してしまうリスクもあります。なお、採取部分をバリカンで刈り上げることもあります。

その一方、親和クリニックならメスを使わないMIRAI法、更に採取時に刈り上げることも無いNC-MIRAI法、両者を組み合わせて費用を抑えられるUnited MIRAI法を用意しています。

飲み薬や塗り薬、メソセラピーなどは利用をやめると症状が元に戻り、ずっと買い続ける必要があるため、根本的な解決にはなりません。その点、自毛植毛なら、一度受けることで、その後の特別なメンテナンスや出費が不要であり、長い目で見ればむしろお得ともいえます。

親和クリニックに行きます。