親和クリニックの交通費・宿泊費補助制度

親和クリニックの交通費・宿泊費補助制度

今回は、親和クリニックの交通費・宿泊費補助制度を取り上げます。

交通費・宿泊費補助制度の還元内容

親和クリニックでは、遠方にお住まいで交通費・宿泊費の負担を考えて自毛植毛を諦めている方のために、交通費・宿泊費補助制度を設けています。

親和クリニックの交通費・宿泊費補助制度の対象は、北海道から沖縄まで日本全国にお住まいの方(当院規定の遠方の患者さん)で、1000株以上の自毛植毛手術を受ける方です。

自毛植毛を親和クリニックで受ける方のうち、1000株(グラフト)以上の場合、交通費・宿泊費の一部補助、2000株以上の場合、交通費および親和クリニックが指定する宿泊先の宿泊費を全額補助いたします(詳細な条件はお問い合わせください)。

交通費・宿泊費補助制度の条件

親和クリニックの交通費・宿泊費補助制度は、交通費や宿泊費を先に支払っていただき、その領収書(原本)を持参することで還元させていただくというものです。交通費・宿泊費の補助額には上限があります。

なお、カウンセリングのみの来院は対象外となります。その一方、自毛植毛を受ける方は、患者さんご本人だけでなく、同伴されるご家族1名も最大全額負担いたします。この制度の適応について、詳しくはお気軽に親和クリニックまでお問い合わせ下さい。

対象となる地域は、全国展開している親和クリニックの各院規定の遠方の患者さまです。詳しくは親和クリニックまで、お気軽にご相談下さい。また、親和クリニック各院が指定したホテルの宿泊により、その宿泊費を還元いたします。

親和クリニックの遠方の方に対する写真診断

親和クリニックに遠方から来られる患者さんは、診察のため何度も来院されることは大きな負担となって難しいと思います。この場合、気になる部位の画像を送ってくださることで、現在の頭髪状況の判断や、頭髪状況に合った植毛本数や費用などを提案、説明させていただきます。

生え際の場合は髪をかきあげて、頭頂部の場合は頭頂部全体と植毛を希望する部分が確認できる写真をお願いします。親和クリニックでは、こうした気になる部分(植毛を希望する部分)だけでなく、後頭部の写真も合わせてお願いしています。

気になる部分だけでなく後頭部の写真もお願いするのは、自分の髪の毛のうち薄毛になりにくい部分を採取して、薄毛になっている部分に移植する施術だからです。

特に後頭部の毛包組織は、男性ホルモンの影響を受けにくい(=薄毛になりにくい)ことから、採取部分となることが一般的です。この後頭部の写真も合わせて送っていただくことで、どれだけの本数の採取が可能かおおよその検討をつけることが出来ます。

前髪や頭頂部、側頭部や後頭部、生え際などの気になる部位と、採取部分になる後頭部を撮影して送っていただくことで、移植株数・費用はあくまでも概算になりますが、何度も来院せずにクリニックからの診断を受けることができます。