親和クリニックのノーニードル発毛メソセラピー

親和クリニックのノーニードル発毛メソセラピー

今回は、親和クリニックのノーニードル発毛メソセラピーを取り上げます。

ノーニードル発毛メソセラピーとは

ノーニードル発毛メソセラピーとは、親和クリニック独自の発毛メソセラピーです。一般的に発毛メソセラピーといえば、有効成分を頭皮から直接注入することで、毛髪の成長を促す治療法を指します。

親和クリニックでは、エレクトロダームアドバンスという最新の特殊機器を使用することで、針を使わず頭皮の奥深くまで有効成分を浸透させる施術を行っています。これにより、注射針を使うことで痛みや腫れ、違和感が残るという問題をクリアしています。

エレクトロダームアドバンスは、針で穴を開けるのではなく、特殊なパルス電圧を頭皮に送ることで一時的に細胞間を広げ、その間から有効成分を深層まで浸透させる技術です。

これと似たような技術にイオン導入という方法がありますが、親和クリニックのノーニードル発毛メソセラピーは、イオン導入の16倍の浸透力があり、より効果的に発毛の有効成分を浸透させることができます。

親和クリニックの発毛オリジナルカクテル

親和クリニックがノーニードル発毛メソセラピーで使用する薬剤は、頭皮の血行を促進する有効成分ミノキシジルと、発毛有効成分や発毛因子を合わせた「発毛オリジナルカクテル」です。

ミノキシジルは血管拡張作用があり、毛乳頭や毛母細胞など髪の毛を作る組織に必要な栄養分を送り届ける毛細血管の活動を活性化させる作用があります。これに加え、髪を作る組織の動力源となる栄養分を豊富に含んださまざまな発毛因子を配合しています。

一般にAGA(男性型脱毛症)は酵素の働きによる特定の男性ホルモン(DHT)の増加であり、女性も男性ホルモンを持っているため、男女関係なくAGAにかかります(女性の場合はFAGAといいます)。

AGAに対しては、親和クリニックでも処方できるフィナステリド(プロペシアなど)やデュタステリド(ザガーロ)という内服薬が、酵素の働きを阻止する作用を持っています。ただし、薄毛・脱毛症の原因がすべて男性ホルモンとは限りませんし、これらの内服薬は女性には使えません。

その一方、ミノキシジルは男性でも女性でも処方することができる医薬品です。また、毛細血管を活性化させることで、低下していた細胞分裂を正常な状態へと促し、健全な毛髪の成長サイクルを取り戻そうとする根本的な働きがあります。