親和クリニックの男性向け発毛・育毛AGA治療

親和クリニックの男性向け発毛・育毛AGA治療

今回は、親和クリニックの男性向け発毛・育毛AGA治療を取り上げます。

親和クリニックの総合科学頭髪医療

親和クリニックの発毛・育毛AGA治療は、医療行為である自毛植毛、内服薬、外用薬の処方はもちろん、オリジナルの発毛薬を頭皮の深くまで浸透させるノーニードル発毛メソセラピー、医師や専門カウンセラーによる生活習慣改善やストレスケアのアドバイスなどを行っています。

一般的なAGA治療では、医療機関では医薬品の処方(内服薬、外用薬)だけというところが多く、民間の発毛・育毛サロンなどは医療機関では無い(医療行為が出来ない)ため、十分な結果が得られにくい点が挙げられます。

これに対して親和クリニックでは、内服薬、外服薬の処方にとどまらず、医療行為である自毛植毛、有効な成分を直接毛根に届けるノーニードル発毛メソセラピー、食生活や生活習慣アドバイスといった、トータルのサイエンスヘアケアを実施します。

男性向け発毛・育毛・AGAの治療薬処方

親和クリニックでは、男性向けに発毛・育毛・AGAの治療薬として、服用薬のプロペシア(フィナステリド)とそのジェネリック、およびザガーロ(デュタステリド)、外用薬としてハイブリッドミノキシジルの処方を用意しています。

フィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)を引き起こすDHTという男性ホルモンの増加を引き起こす5αリダクターゼという酵素の働きを阻止する作用がある飲み薬です。

親和クリニックでは、フィナステリド製剤の先発医薬品「プロペシア」に加え、そのジェネリック医薬品の処方も開始しています。これにより、フィナステリドの効果を費用を抑えて利用することが可能です。

男性のフィナステリドの服用は、日本皮膚科学会の薄毛治療のガイドラインで「A:強く勧められる」の最高評価を受けています。なお、女性のフィナステリドの服用は最低評価の「D:行わないよう勧められる」であり、親和クリニックではこれに代わって「パントガール」を処方しています。

一方、親和クリニックでは、デュタステリドを主成分とする「ザガーロ」も処方できます。AGAを引き起こす酵素には型があり、フィナステリドは2型しかブロックしませんが、デュタステリドは1型と2型のどちらもブロックします。

このため、ザガーロはとても強力な薄毛の抑止効果があると考えられています。ただし、やはり女性には使えないため、親和クリニックでは、女性の方には「パントガール」を処方しています。

親和クリニックの発毛メソセラピーと人工植毛

親和クリニックでは、頭皮に直接有効成分を注入して浸透させるノーニードル発毛メソセラピーも行っています。注射針を使わないため、痛みや違和感が無く、発毛・育毛に有効な成分を頭皮深くまで浸透させ、毛髪の成長を促します(親和クリニックのノーニードル発毛メソセラピー)。

しかしなんといっても、親和クリニックといえば自毛植毛です。酵素の影響を受けにくい(AGAになりにくい)箇所から薄毛が生じている箇所に毛包ごと移植を行うことで、生涯に渡って生え続ける永続的な毛髪が可能となります。

親和クリニックの自毛植毛は、メスを使わないMIRAI法、MIRAI法をベースにしつつ更に刈り上げないNC-MIRAI法、両者を1人1人に合わせて組み合わせるUnited MIRAI法(U-MIRAI法)が用意されています。