親和クリニックの特徴

今回は、親和クリニックの特徴を取り上げます。

親和クリニックは、新宿、名古屋、大阪、福岡の全国4箇所に展開し、自毛植毛をはじめ、内服薬(飲み薬)、外用薬(塗り薬)、発毛メソセラピーといったさまざまな治療法で最新の技術を導入し、男性にも女性にも取り組む薄毛治療クリニックです。

当院では最先端の革新医療を高品質で提供するため医療技術の研鑽に取り組み、安心していただける信頼の医療と、心にも身体にも「優しい医療」を目指しています。

自毛植毛の実績

親和クリニックでは、「切らない自毛植毛」FUE(MIRAI法)、「ナチュラルカバーリング自毛植毛」FUE(NC-MIRAI法)、自毛植毛FUSS(メスを使用)の3つの手術方法を用意しています。

特にメスを使わないMIRAI法や、それをさらに発展させて刈り上げる必要が無いNC-MIRAI法は、術後の大きな手術痕が無く、縫合の必要が無いため痛みが生じるということもほとんどありません。これらは、高密度の毛髪を実現し、高い生着率を誇る最新医療でもあります。

自毛植毛は自家移植ですから、移植後に拒絶反応が生じるということはありません。また、髪の毛を作る組織ごと移植するため、非常に高い安全性で、施術後は生涯に渡って半永久的に発毛・増毛を取り戻すことが可能です。

信頼される医療

親和クリニックでは、在籍する医師が全員薄毛治療の専門家であり、看護師をはじめスタッフすべてが薄毛治療の専門トレーニングを積んだスペシャリストです。

すべての患者さまについて複数の医師による術前検討を行っており、スタッフは定期的に行われている勉強会で毛髪治療の学習を共有しています。熟練の医師と看護師のチーム医療のもとで、一度の手術で5,000グラフト(約13,000本以上の髪の毛)が移植できます。

また、移植毛(ドナー)の量や状態、年齢、手術費用に関する金銭的なことも総合的に考え、身体的および経済的な負担が掛からないようにプランを提案します。限られた条件のなかでも患者さんにとって最善の結果を出すことを考えています。

「優しい医療」

親和クリニックでは、薄毛・抜け毛・脱毛症の治療のほか、中高生までの患者さまを対象に、幼児期のやけどや外傷で生じた瘢痕性脱毛症(やけどや傷による脱毛)に対する限定無償手術の提供を実施しています。

このほか、他院の自毛植毛手術で出来た傷跡や、しわやたるみを取る美容外科手術(フェイスリフト)で出来た傷跡などへの修正植毛術も行っております。もちろん、どちらの場合もメスを使わず、安心して受けていただけます。

親和クリニックは男性だけでなく、女性の薄毛治療にも積極的に取り組んでいます。自毛植毛だけでなく、医薬品として効果が確認されたさまざまなな薬(飲み薬、塗り薬)の処方など、医学的根拠に基づき、トータルで頭皮ケアに取り組んでいます。