セカンドオピニオンとホスピタルショッピング

セカンドオピニオンとは、現在受診している治療内容について、その主治医以外の第三者に意見を求めたり、その意見そのものを指す言葉です。特に、主治医以外の医師の意見を求める際に使われる言葉です。

その一方、ホスピタルショッピングとは、いくつもの医療機関を次々に受診することを意味します。ホスピタルショッピングはドクターショッピングと言われることもあり、特定の医療機関や主治医の説明に納得がいかない方がよく行う行為でもあります。

ここでは、薄毛治療におけるセカンドホスピタルとホスピタルショッピングについて取り上げていきます。

薄毛治療のセカンドオピニオン

薄毛治療におけるセカンドオピニオンは、先に受診した主治医の治療方針について、納得のいく説明を第三者の医師から聞いてみたいという場合に利用されています。

セカンドオピニオンは、現在受診している医療機関の主治医に対して、診療情報提供書(いわゆる紹介状と言われることがあります)や検査資料を請求し、これらを持参してセカンドオピニオン外来を開設している別の医療機関に申し込むことが一般的です。

なお、主治医と異なる医師の意見を聞きたいということであれば、同じ医療機関の別の医師にセカンドオピニオンを求めることもできます。

セカンドオピニオン外来の開設自体は医療機関の義務ではありませんし、セカンドオピニオンを嫌がる医師や医療機関も少なくありません。先に受診している医師に、セカンドオピニオンを受けたい旨を伝えることに、やりにくさや抵抗感を感じる方もおられると思います。

ただ、現在では大学などの医療教育の現場において、セカンドオピニオンとその意義が教えられることが一般的です。もしも、先に受診した主治医の先生がセカンドオピニオンを嫌がるような医師であれば、それはそれで問題ですし、医療機関を変えることも含め、治療法の再検討を行っても良いと思います。

大事なことは自分の身体のことですので、主治医の方針にもっと納得できる説明を受けたい場合や、他の治療法などの選択肢を知りたい場合など、セカンドオピニオンを積極的に利用することをおすすめします。

セカンドオピニオン自体は、診療行為では無く、相談を受けることです。このため公的な健康保険の適用対象とはならず、全額自己負担が原則です。

その一方、主治医からの説明や治療方針に対して、別の専門医から第三者的な説明を受けることで、最初の主治医の診断や治療法に対する確信や決断を持ちたい場合、あるいは、主治医の説明以外の治療法が無いかと考えている場合は、セカンドオピニオンを利用する価値が十分にあるといえます。

ホスピタルショッピングとは

その一方、医療機関や主治医からの説明や治療法に対する踏ん切りがつかなかったり、どの医療機関の説明にも納得ができないという方のなかには、あれこれと医療機関を替えて受診したり、セカンドオピニオンを次々に求める方がおられます。

このように、次々と治療法や医療機関を替えるやり方は、ホスピタルショッピングやドクターショッピングなどと呼ばれます。これでは、長期的な症状の改善にはつながりにくく、いたずらに費用がかかるばかりで、賢いやり方とはいえません。

薄毛治療においても、中途半端な気持ちで受診を続けているのも問題ですが、だからといって短期的な成果ばかりを追い求め、医療機関をかわるがわる受診するというのも、好ましいやり方とはいえません。

確かにセカンドオピニオンは、第三者的な立場の専門医の説明を聞くことで、主治医の説明や治療方針に対する明確な判断が持てない場合や、主治医が説明した以外の治療法は無いかと思っている場合に、相談してみる価値がある方法だといえます。

その一方、セカンドオピニオンは、単に主治医に対する不満をぶつけるとか、医療費が高いといった不信をぶつける場所ではありません。

主治医から提示された診断内容や治療法を踏まえ、その是非や他の治療法の可能性を冷静かつ客観的に相談できないのなら、それは正しいセカンドオピニオンの利用とは言えず、ホスピタルショッピングと言われても仕方がありません。

もちろん、薄毛治療に限らず、自分が納得できるまで、最善と思える治療法を探し求めること自体は、とても重要なことです。ただし、何度も医療機関を変えたり、セカンドオピニオンを何箇所も求めるときには、そこに納得できる医療を受けるためという明確な目的が無ければ、より良い効果は生まれないといえます。

なお、セカンドオピニオンとは別に、自分の身の回りの家族や親戚、同級生、友人など、医師や看護師といった医療関係者がいれば、それが信頼できる方なら、こうした方に相談してみることもおすすめできます。

どんな医師が「良い医師」なのか?

薄毛治療においても、もちろん治療経験が豊富で熟練度が高く、優れた技量を持った医師が良い医師だということはわかります。ただ、そんな医師であっても、「自分にとって良い医師」であるとは限りません。

ここでいう「良い医師」とは、単に技量の高い医師というだけにとどまらず、自分自身との相性と言える部分も含めた考え方だといえます。

たとえば、同じ症状や治療方針を説明する場合でも、医師によって異なる言い方を使うことがあるでしょうし、患者さんに応じて説明の仕方を変えてくれる医師もいるでしょう。

自分がその説明を聞いた時、率直に受け入れられて、ストレスフリーな状態で聞くことができれば、その医師は「自分にとって良い医師」であると言えるかもしれません。

では、自分から先生に質問したり、治療法についての考えを伝える場合はどうでしょうか?この場合も、何か遠慮しがちになってしまったり、気を使って話す必要があるといった医師よりも、自然に話しかけられる医師のほうが、「自分にとって良い医師」といえるかと思います。

特に薄毛治療は全額自己負担が原則の自由診療ですし、単に医師の経験値や技量の高さだけでなく、本当に自分にとってわかりやすく、質問や相談がしやすい医師かどうかといった点も、十分に考慮して良いポイントだといえます。