抜け毛予防に市販のシャンプーは使えるか?

今回は、抜け毛予防に市販のシャンプーが使えるかどうかを取り上げます。市販のシャンプーでも抜け毛対策という観点からいえば、賢い選び方を行うことができます。

市販のシャンプーと抜け毛対策

市販のシャンプーで、抜け毛に直接的な効果があると認められたものは皆無といえます。その一方、間接的には抜け毛の予防や低減といった可能性を期待できるシャンプーであれば、処方箋が必要な医薬品でなくても、市販のシャンプーにもたくさんあります。

シャンプーには、医薬品、医薬部外品、化粧品があります。ただし、市販のシャンプーでは、薬に該当する医薬品は皆無に近く、医薬部外品か化粧品から選ぶことになります。

ここで、抜け毛予防を考えるなら、医薬部外品から選ぶことをおすすめします。医薬部外品とは、薬機法(旧・薬事法)に基づく国の認可が必要であり、医薬品よりは効果が穏やかで緩いものの、ある程度の薬用効果(症状の予防や改善)が見込まれるもののことです。

医薬部外品に指定されたシャンプーは、単なる化粧品に分類されたものと区別するため、「薬用シャンプー」という名称を使うことが多く見られます。こうしたシャンプーであれば、市販のものでも手軽に入手できますし、抜け毛の予防や改善に役立つ可能性があります。

また、抜け毛の根本的な原因は、多くの場合は血行不良ですし、加齢や頭皮環境の悪化も抜け毛を招きます。血行の改善を促す日常生活の見直しとともに、市販のシャンプーでフケやかゆみを抑え、清潔な頭皮を維持することが、抜け毛対策につながります。

ここで重要なのが、市販のシャンプーの配合成分と洗浄能力です。抜け毛対策という観点で言えば、血行促進や保湿成分を配合したシャンプーがおすすめですし、洗浄能力に関しては、後述どおり界面活性剤の種類が大きく影響してきます。

抜け毛対策に役立つ市販シャンプーの種類は

市販のシャンプーでは、抜け毛対策という意味では、先述通り配合成分が重要です。また、シリコンシャンプーは毛髪表面のコーティング機能に優れているものの、トリートメントや育毛剤の成分が髪の奥まで浸透することを妨げる可能性もあります。

また、シリコン自体に毛髪の補修やケアをする作用は無く、頭皮環境の改善から抜け毛対策を考えるということなら、市販であってもノンシリコンやシリコンフリーの薬用シャンプーをおすすめします。

また、市販のシャンプーは、界面活性剤を含むことが一般的です。界面活性剤とは、本来は混ざることが無いはずの水と油になじみやすい分子を併せ持った物質のことです。

シャンプーで使われる界面活性剤には、化学的分類による天然界面活性剤と合成界面活性剤、原料による天然由来と石油由来という2つの分類方法の組み合わせから、「天然系」「石鹸系」「脂肪酸エステル系」「アミノ酸系」「高級アルコール系」「石油系」の6つに分類できます。

このうち、抜け毛対策という観点で特におすすめできる市販のシャンプーは、石鹸系、アミノ酸系、高級アルコール系です。どれも店頭で多く出回っており、それぞれ以下の特徴があります。

  • 石鹸系:洗浄力も泡立ちも高いのですが、肌への刺激も強めです。髪の毛や肌が強く、自然志向でしっかり汚れを落としたい方におすすめです。
  • アミノ酸系:泡立ちや洗浄力は強くありませんが、低刺激性でカサカサした肌に優しいシャンプーです。敏感肌や乾燥肌、肌の弱い方におすすめです。
  • 高級アルコール系:洗浄力も泡立ちもとても強く、頑固な皮脂由来の汚れにも強いのですが、肌への刺激も強めです。肌が強く、汚れをしっかり落としたい方におすすめです。
スポンサーリンク