発毛薬・ミノキシジルとは

ミノキシジルは、発毛に高い効果がある薬です。ミノキシジルは血管拡張効果があり、もともとは1960年代に高血圧の方に対する経口薬として、アップジョン社が開発した血圧降下剤です。

その後、ミノキシジルは脱毛症に対抗し、発毛を促進する効果が確認されたため、1980年代に、アップジョン社は脱毛症の治療薬として外用薬を販売しました。

ミノキシジルは、頭部に塗布する外用の発毛薬としては「ロゲイン」(Rogaine)として販売されており、日本でも大正製薬が一般用医薬品(第1類医薬品)の「リアップ」として販売しています。

海外のロゲインと日本のリアップは、濃度が異なります。当然ながら、日本で流通が認められたリアップのほうが、日本人の体質などを考慮した濃度に調整されており、海外のロゲインを日本人が使用することは、副作用のリスクがより高いといえます。

その一方ミノキシジルは、高血圧治療の血圧降下剤(血管拡張薬)としては「ロニテン」(Loniten)およびジェネリック医薬品が販売されています。ただし日本では、血圧降下剤の服用薬としては、未承認・未認可の薬です。

ミノキシジルは高い発毛効果をもたらす優れた薬ですが、その利用や副作用には注意すべき点もあります。ここでは、こうした点を取り上げます。

ミノキシジルの発毛効果

実は、ミノキシジルの発毛効果のプロセスについては、科学的に厳密に解明されているわけではありません。世界中のさまざまな大学や医療機関が研究していますが、もともと血管拡張効果が確認された薬であるため、成長因子に活力をもたらす薬だと考えられています。

つまり、毛細血管が拡張することで、養分の運搬が進みやすくなる効果を頭皮の毛根も受けられることになり、毛乳頭細胞や毛母細胞が活性化され、脱毛しにくく、発毛・育毛しやすい頭皮環境を取り戻すと考えられています。

その一方、「フィナステリドの内服(男性)」と「ミノキシジルの外用」は、公益社団法人の日本皮膚科学会が策定した「男性型脱毛症(AGA)診療ガイドライン」でも、最高ランクのAランクに位置づけられています。

このため、ミノキシジルの発毛メカニズムは詳しくわかっていないものの、この薬が脱毛を抑え、発毛に高い効果を持つこと自体は、医学的に幅広く共通認識として持たれているといえます。

ミノキシジルのメリット

ミノキシジルのメリットは、先ほど取り上げたAGA診療ガイドラインで、同じくAランクに位置づけられた「フィナステリドの内服(男性)」と比べるとわかりやすいと思います。

まず、ミノキシジルは、毛母細胞の活性化効果を通じた、脱毛症と直接戦うタイプの発毛薬ということができます。これに対し、フィナステリドは、酵素の働きを阻害することで、男性ホルモンの変化をストップさせる薬です。

このため、ミノキシジルは、脱毛が減り、発毛・育毛を促すという、健全なヘアサイクルを取り戻す発毛効果が、比較的早いうちから表れる方もおられます。その一方、フィナステリドは、毛髪が育ちやすい頭皮環境を整えるタイプの薬であり、発毛効果が出るまでは、ある程度使い続けることが必要な方が多いといえます。

また、ミノキシジルは、女性でも使うことができる発毛薬です。日本で発売されているミノキシジル配合の発毛薬「リアップ」(大正製薬)は、同社から女性向けの「リアップレディ」が出ています。

その一方、フィナステリドは、ホルモンバランスに影響する可能性があり、女性には使うべきではありません。女性も、少量ながら男性ホルモンを持っています。先ほどの「男性型脱毛症(AGA)診療ガイドライン」でも、「フィナステリドの内服(女性)」は最低のDランクに挙げられています。

ミノキシジルの服用は避けるべきか

ミノキシジルは、海外では頭部に塗布する外用薬としてだけでなく、錠剤などの形で服用する経口薬としても、ジェネリック医薬品を含め幅広く流通しています。ただし、経口薬としてのミノキシジルは、本来は高血圧の方に対する血圧降下剤です。

日本では経口薬としてのミノキシジルは、承認も認可もされていません。医師が個人輸入して処方を行うことは可能ですが、死亡したり重大な副作用が残ったとしても、国の医薬品副作用保護制度をうけることはできません。

確かに、ミノキシジルは高い発毛効果を持った薬です。その上、頭部に塗布する外用薬の場合は主に頭頂部や前頭部に効果が出るのに対し、経口薬として服用する場合は、その効果が頭皮全体どころか身体全体にまで及ぶ可能性があります。

このため、医師が医療行為として行うクリニックなど民間の医療機関のなかには、ミノキシジルを配合した内服薬を処方するところもあります。しかし、ミノキシジルの効果が全身に及ぶということは、副作用も全身に及ぶ可能性があることを意味しています。

服用薬としてのミノキシジルは、本来は血圧降下剤であり、これを発毛薬として服用することは、後述通り副作用を招くリスクが高まります。日本では未承認・未認可の薬ということもあり、この服用は避けるべきだと思います。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルにも副作用があります。最も考えられるのは、重い低血圧を招くリスクです。先述通り、ミノキシジルはもともと高血圧の方の血圧降下剤として開発された薬です。

ミノキシジルは、低血圧の方や、他の血圧降下効果がある薬を使っている方には、必要以上に血圧を押し下げ、めまい、立ちくらみ、動悸・息切れ、不整脈、倦怠感、重い低血圧を招く危険性があります。

また、ミノキシジルは、むくみという副作用も指摘されています。ミノキシジルは血管拡張薬です。血管が押し広げられると、血管内の血液の濃度が下がります。

すると、血管内の血液濃度を元に戻そうとして、血管内の水分が周辺の細胞に排出されます。これに加え、利尿作用が低下したときは水分が体内に蓄積され、むくみが発生します。

むくみが続くことに加え、利尿作用が低下していると、体内の水分や老廃物が滞留しやすくなり、体重増加や肌荒れ・ニキビの原因となります。ミノキシジルの場合、特に顔のむくみが目立ちます。

このほか、ミノキシジルは成分が母乳中に移行するため、リアップシリーズでは、授乳する乳児がいる場合での使用は禁忌であるとしています。このほか、性欲減退、性的不能、皮膚の紅潮、胸の痛みなど、手、足、顔のしびれや痛みなども指摘されています。

ところで先述通り、ミノキシジルは服用薬としては、日本では未認可・未承認の薬ですが、それでも医師の処方に基づく利用が一部に見られます。この場合は、副作用が全身に及ぶことにも注意すべきですし、初めからミノキシジルの服用は避けることをおすすめします。

特にミノキシジルの場合、低血圧やむくみなど上記の副作用に加え、多毛症という副作用も指摘されています。ミノキシジルは発毛効果が高い薬であり、服用薬の場合は、外用薬の場合よりも、特に全身の体毛が濃くなる可能性があります。

具体的には、ヒゲ、もみあげ、眉毛、顔の産毛、腋毛、胸毛、手足の毛が濃くなるというデータがあります。こうした点も含め、やはりミノキシジルの服用は、避けたほうが良い使い方だといえます。