ミノンシャンプーは抜け毛に効果あるのか?

今回は、ミノンシャンプーと抜け毛の関係について取り上げます。ミノンシャンプーは市販のアミノ酸シャンプーの代表格であり、敏感肌や乾燥肌に適しているとされていますが、抜け毛に関してはどうなのか、詳しく見ていきます。

ミノンシャンプーの成分と抜け毛

まず、ミノンシャンプーのなかに抜け毛に効果のある有効成分があるかどうかについては、直接効用が認められた成分が含まれているとはいえません。しかし、頭皮を清潔に保ち、フケやかゆみを除去することで、抜け毛を低減させる環境を整えることは可能です。

ミノンシャンプーの有効成分はグリチルリチン酸2Kです。この物質は抗炎症作用があることで知られ、化粧品、石鹸、シャンプー、育毛剤や慢性肝炎、抗アレルギー薬、風邪薬などの医薬品にも使われています。

一方、抜け毛の一般的な原因は、血行不良と考えられています。ミノンシャンプーは血流の改善に直接作用するわけでは無いものの、抗炎症作用を持つ有効成分がフケやかゆみの抑制に貢献し、間接的に抜け毛を減らす頭皮環境を整える可能性が期待できます。

もちろん、これだけで抜け毛をストップできるわけではなく、ミノンシャンプーと並行して、血行不良を生じさせる主な要因を取り除く努力が必要といえます(ストレス、運動不足、偏食など)。

抜け毛だけを考えるのなら、ミノンシャンプーを使うだけで安心せず、血行の改善に積極的に取り組むべきですし、それでも改善が見られない場合は、やはり抜け毛・薄毛外来の診察を検討してよいと思います。

その一方、ミノンシャンプーは、肌の潤いを保つ保湿効果に優れています。肌に優しい低刺激性を維持しつつ、必要な皮脂まで過剰に取ることがありません。このため、デリケートでカサカサしやすい敏感な多くの女性に最適なシャンプーといえます。

ミノンシャンプーの抜け毛以外の効果

ミノンシャンプーは、抜け毛以外での効果が高いアミノ酸シャンプーといえます。まず、サルフェートフリー処方(硫酸系界面活性剤不使用)であるため、泡立ちは少ないのですが、必要な皮脂まで過剰に洗浄することなく、皮膚に優しいシャンプーといえます。

これは逆にいえば、男性のような油脂由来のベタベタ・ギトギトの老廃物(フケなど)の除去には向きませんが、多くの女性に見られるカサついた乾燥肌や、デリケートな敏感肌には、頭皮の表面の汚れを丁寧に洗い流してくれるということです。

何度もいうように、ミノンシャンプーは抜け毛に直接作用するわけではありません。ただ、弱酸性で植物性アミノ酸系洗浄成分を配合しており、髪の毛が抜け落ちにくい健全な頭皮環境をサポートする可能性は期待して良いと思います。

ミノンシャンプーは抜け毛そのものというより、髪の毛に悪い環境を与えてしまうフケやかゆみの除去に効果があるシャンプーといえます。特に乾燥が原因でボロボロ出て来るフケやかゆみに強いシャンプーとしておすすめできます。