男性で薄毛の方向け・メンズ髪型カタログ

今回は、男性で薄毛の方向けのメンズ髪型カタログを取り上げます。

薄毛でも男性らしい髪型のメンズカタログ

薄毛の男性にとって理想的な髪型は、当然ながら薄毛が目立たず、むしろ薄毛を活かすメンズスタイルだといえます。ところが実際には、これに逆行するかのように、薄毛を隠そうということばかりにとらわれがちです。

男性の薄毛は、全体的に薄くしたほうがスッキリと爽やかな印象でスタイルもしやすいといえます。実際には髪が薄い部分とそうでは無い部分があったときに、髪が残っている部分を無理やり引っ張ってきて薄毛を隠すという髪型も見られます。

薄毛になっていない部分をどうにか活かしたいという気持ちはわかりますが、残っている部分だけ伸ばしたり、無理に持ってくるヘアスタイルは、かえって不自然な印象や、髪のバランスが乱れておかしな印象を与えます。

薄毛に悩む男性の理想的な髪型は、薄毛を「隠す」のではなく「活かす」こと、側面や後頭部を抑えることで頭頂部の自然さを活かすこと、長く伸ばすことに固執しないことに尽きます。

ソフトモヒカン

ソフトモヒカンはメンズカタログでもよく取り上げられ、薄毛の男性にもおすすめできる定番の髪型といえます。後頭部や側面を短く刈る一方、頭頂部はやや長めに残すことで、すっきりと男性らしい髪型に仕上がります。

この髪型は、単に薄毛の男性だけでなく、いわゆるM字ハゲの方にもおすすめできるヘアスタイルです。スタイリングの手間がかからない点も、大きなメリットと言えます。

ソフトモヒカンは、サイドを透けるくらい刈り上げたり、グラーデーションをつけながら刈り上げたり、あるいは髪の色をカラーリングするといったさまざまなバリエーションがつけられる点も、メンズスタイルとしておすすめポイントです。

ボウズ(坊主)

ボウズといっても、いわゆる全くのツルッパゲではなく、ヘアアレンジ一つで薄毛の印象を減らすことができ、おしゃれで爽やかな感じを与えることができます。中途半端に髪を残すよりも、ぐっと引き締まった印象を残すことができます。

ボウズといっても、トップを残しつつ前髪やサイド、バックは刈り上げてトップにつなげることでソフトモヒカン風にもなりますし、頭の形に合わせたカットでデザインを自由にカスタマイズすることができます。

髪全体を非常に短く切ったスキンヘッドに近いベリーショートスタイルから、サイドと襟足をスッキリさせたボウズスタイルまで、メンズスタイルとしては肌との境界が曖昧になることで男性の薄毛が目立ちにくい髪型といえます。

ツーブロック

ツーブロックは文字通り2つのブロックの違いがある髪型であり、薄毛に悩む男性でもこれを逆手にとっておしゃれな感覚を演出することができるメンズスタイルといえます。

例えばサイドをバックを思い切って刈り上げる一方、トップは動きがつく程度に自然に残すことで、男性らしくボリューム感を印象づけることが可能です。単なるボウズやソフトモヒカンとは異なり、薄毛であっても気分を一新できるのも、この髪型のメリットです。

薄毛の男性に似合うメンズスタイルとは

どのヘアカタログを見ても、薄毛の男性に似合うメンズスタイルというのは、無理をしないこと、不自然にならないこと、残ってる髪を伸ばすことにこだわらないことに尽きるといえます。

薄毛に悩む男性であっても、オールバックやスパイキーショート、あるいはスキンヘッドといった髪型でスッキリとした清潔感を印象づけることが可能です。また、海外や日本の俳優やミュージシャンといった有名人の髪型も参考になると思います。