男性は抜け毛が多いのか?

今回は、男性は抜け毛が多いのかどうかについて取り上げます。

男性の抜け毛が多い理由

男性は抜け毛が多くなる傾向があります。これは、通常の抜け毛であっても、薄毛や脱毛症の兆候である抜け毛の場合も変わりません。この理由は、毛髪のヘアサイクルや毛周期が関係しています。

そもそも、男性であれ女性であれ、正常な人間でも抜け毛が生じること自体はごく自然で当たり前の現象です。髪の毛は、古い毛が抜け落ちても、新しい毛が生えてくることで毛髪の総量を維持しているのが普通です(毛髪のヘアサイクル)。

このため、抜け毛があるからといって、直ちにAGA(男性型脱毛症)など脱毛症の兆候とは限りません。通常髪の毛は、新しい毛が成長期→退行期→休止期という毛周期を経て古い毛から抜け落ち、また新しい毛が生えてきて毛周期を繰り返しています。

この毛周期は1本1本の毛髪ごとに異なった時期を迎えており、成長期は2~6年と言われますが男性は女性よりもやや短い傾向があります。このため、ヘアサイクルがより短く、男性の抜け毛は女性も多いということは言えると思います。

日本人の平均的な髪の毛の本数は10万本と言われます。これをヘアサイクルによって単純計算で割ると、1日あたり100本抜けるときも珍しくありません。また、先述通り男性の方がヘアサイクルが短いぶん、より多く150本程度抜ける場合もあります。

男性の抜け毛は多いことが問題か?

男性の抜け毛が多いことは、それ自体がただちに問題になることではありません。むしろ、通常のヘアサイクルの一環として古い毛が抜けているだけなのか、それとも、薄毛や脱毛症の兆候として抜けているのかを見極めることが重要です。

通常の抜け毛なら、いくら多くても、毛周期をしっかりと迎えたあと抜け落ちているはずですから、太くて丈夫な黒い毛が抜けているはずです。その一方、異常な抜け毛の場合は、白みがかっていたり(白髪の場合は別ですが)、か細く短い毛が抜けている場合です。

脱毛症や薄毛の場合は、ヘアサイクルが健全に機能せず、新しい毛が生えてこなかったり、発毛しても十分に生育しないまま抜け落ちる現象が見られます。このため、こうした力が無く弱々しい毛が抜け落ちている場合は要注意といえます。

ヘアサイクルの異常の原因は、多くの場合血行不良です。栄養分を運ぶ毛細血管の機能が低下すると、その栄養分をもとに活動する毛乳頭や毛母細胞など、髪の毛を作る組織の働きも低下します。これにより、ヘアサイクルの異常による抜け毛が多くなります。

血行の不良は、生活習慣や頭皮環境の悪化、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、喫煙などが原因です(男性の抜け毛の原因は?)。こうした原因を取り除くことで、異常な抜け毛から脱することができた男性の方も多くおられます(男性の薄毛対策を考える)。