男性の抜け毛の原因は?

今回は、男性の抜け毛の原因について取り上げます。

男性の抜け毛の原因はヘアサイクルの乱れ

男性の抜け毛の原因は、血行不良や頭皮環境の悪化によるヘアサイクルの乱れです。血行の悪化や頭皮環境の乱れを引き起こす要因を取り除くことで、抜け毛が改善する男性も少なくありません。

そもそも髪の毛は、成長期→退行期(移行期)→休止期という毛周期を繰り返しつつ、古い毛が抜け落ちたあと新しい毛が生えてきて、髪の毛の総量を維持しています(毛髪のヘアサイクル)。

つまり男性の場合も、抜け毛があったからといって直ちに薄毛になるとは限りません。しかし、ヘアサイクルが健全に機能せず、新しい毛が生えてこなかったり、発毛しても十分に育たないまま抜け落ちると、抜け毛から薄毛・脱毛症に至ります。

血行不良や頭皮環境の悪化は、頭皮を網羅している毛細血管の働きを低下させます。これにより、髪の毛を作る組織である毛乳頭や毛母細胞へ、毛細血管から十分な栄養分が送られず、ヘアサイクルの働きも低下することが、抜け毛の原因といえます。

血行不良を引き起こす原因は、睡眠や運動の不足、不規則な偏食、ストレス、喫煙といった生活習慣の乱れです。また、頭皮環境の悪化は、自分に合わないシャンプーや育毛剤の使用や、長時間帽子やヘルメットをかぶる行為も原因と考えられます。

このほか、頭皮が乾燥しやすい方は粃糠性脱毛症、頭皮が脂質肌になりやすい方は脂漏性脱毛症になりやすいと言われます。これらも、男性に多い抜け毛の原因といえます。やはり、生活習慣や頭皮ケアの見直しで改善できる方が少なくありません。

男性に多い抜け毛の原因とは?

その一方、男性に多い抜け毛の原因もあります。AGA(男性型脱毛症)は、5αリダクターゼという酵素がテストステロンという男性ホルモンに働きかけ、DHTという脱毛を促進する男性ホルモンを増加されることが原因です。

男性ホルモンは男性も女性も持っていますから、は女性でもAGAを発症する方がおられます(女性の場合はFAGAといいます)。AGAの場合、抜け毛の原因を自分だけで取り除くことは困難です。

現在ではDHTを増やす酵素をブロックすることでAGAの発生を抑える治療薬が出ています。また、DHTに対する感受性の強さは遺伝子によって異なるため、男性の抜け毛の原因がAGAであるかどうかや、治療薬の効きやすさについて、医療機関では遺伝子検査で調べることができます。

その一方、円形脱毛症も男性に多い抜け毛の原因です。円形脱毛症は個人差がとても大きく、その原因はリンパ球の自己免疫反応だとわかっています。自己免疫を引き起こす原因として、ストレスや生活習慣に加え、アレルギーとの関係も指摘されています。

円形脱毛症も、医療機関であるクリニックで診察や治療が受けられます。治療法としては、ステロイド剤が処方されることが一般的です。

このように、男性の抜け毛は多くの場合、生活習慣やストレスを見直すことで、健全なヘアサイクルを取り戻す場合も少なくありません。その一方、こうした取り組みを長期間行っていても改善しない場合は、医療機関の受診をおすすめします。

薄毛外来のクリニックであっても、男性の抜け毛が他の病気・疾患の症状の一つとして出ている可能性を確かめるため血液検査を受けることができます。もちろん、先述の遺伝子検査や治療薬の処方など、医療機関でしか出来ない検査・治療を受けることが可能です。