更年期(閉経)と髪の毛の関係

更年期とは、閉経を挟んだ前後10年間のことを指します。例えば、50歳で閉経を迎えた方は、45~55歳が更年期に該当します。閉経の5年前から閉経の5年後の合わせて10年間が、そのひとにとっての更年期ということになります。

多くの女性にとって、閉経を挟んだ更年期は、髪の毛に大きく影響する新陳代謝の低下や、体内のホルモンバランスの変化を迎えます。今回はこの症状を取り上げ、加齢や老化に負けない頭皮環境の改善の意義を説明します。

閉経とホルモンバランス

閉経とは、女性が月経(生理)を停止する現象です。月経は、思春期以降の女性が周期的に起こす生理的出血現象ですが、これには女性ホルモン(卵胞ホルモンやエストロゲンともいいます)が大きく関わっています。

月経は、卵巣内で分泌される卵胞刺激ホルモン (FSH) の影響で卵胞が成長し、分泌を促されたエストロゲンの血中濃度が高まると、黄体刺激ホルモンが分泌され、排卵が起こって黄体が形成されます。

黄体は平均で2週間活動を維持します。しかし、排卵した卵子が受精しなかった場合、次第にエストロゲンなどの分泌が低下し、子宮内膜が脱落します。そして、血液とともに子宮口、膣を経由して体外に排出されるのが月経です。

月経に関わるエストロゲンの分泌は、20代から30代がピークであり、40歳を過ぎるあたりから減少し始めます。やがて排卵を促すだけのホルモンの分泌が行われなくなり、閉経を迎えます。

日本人女性の平均閉経年齢は約50歳です。日本の場合、一般的な閉経年齢は40歳~54歳となっており、40歳以前に閉経する場合を早発閉経、55歳以上の場合を晩発閉経と呼んでいます。

閉経を迎えるころには、女性ホルモンが急激に減少する時期を迎えます。閉経以外にも、ホルモンバランスの大きな変化や、それに伴う心理的な影響によって、さまざまな症状を自覚する女性も少なくありません。

更年期の症状

更年期は、心身ともに大きな変化を迎えます。エストロゲンの急激な低下に伴うホルモンバランスの崩れにより、さまざまな症状を引き起こす症候群を「更年期障害」と言います。

更年期障害と診断された女性は、更年期を迎えた女性の20~30%とも言われます。そこまでの診断を受けていなくても、多くの女性は更年期特有の体調の変化を感じ取っています。

更年期障害やそれに近い症状としては、寝付きが悪くなったり、イライラや易怒性(怒りやすくなる)、肩こりや関節痛、食欲不振、悪心(吐き気やむかつき)、嘔吐、下痢、便秘などが見られます。

また、自律神経失調症にような症状も、更年期に見られます。動悸や息切れ、めまい、頻脈(心拍数の増加)や血圧の変化、微熱、ほてり、のぼせ、多汗、口の渇きやのどのつかえ、腹痛、腰痛、耳鳴り、疲労感、しびれや知覚過敏なども見られます。

これら更年期の症状は、卵巣の機能が低下することで、エストロゲンの分泌が減少することで引き起こされます。特に、最も強い生理活性を持ったエストロゲンで、神経保護作用を持っているエストラジオールの減少が、ホルモンバランスの大きな崩れをもたらします。

更年期に現れる症状のどれもが、髪の毛の成長にとっては望ましくない状態です。また、ホルモンバランスが崩れるということは、女性も少量持っている男性ホルモンの影響も関係して、毛髪の成長サイクル(ヘアサイクル)が乱れやすくなることを意味しています。

加齢や老化に負けない毛髪ケアを

更年期を迎える頃になると、女性ホルモンの分泌が急激に低下することで、髪の毛の生育にも大きな影響が与えられます。そもそもホルモンとは、人体のさまざまな調整作用に働きかける体内物質のことです。

ホルモンの分泌が低下することは、それだけ体内の活発な活動が低下していくことを意味しています。加齢によるホルモンの低下とホルモンバランスの乱れは、新陳代謝の低下を招きます。

加齢による新陳代謝の低下は、人体のさまざまな老化現象を引き起こす原因です。それは血流に関しても影響を及ぼし、毛細血管から毛乳頭を経由して毛母細胞へと送られる栄養分や酸素について、毛髪の十分な成長を満たすだけの運搬能力を維持できなくなることにつながります。

毛髪の成長は、毛細血管が届けてくれる栄養分を使うことで、毛乳頭が毛母細胞に働きかけ、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで実現します。しかし、年齢を重ねるうちに血行が悪化することで、各部分の活力が低下し、自然な髪の毛の成長が見られなくなる「毛髪環境の老化」が始まります。

また、女性も少量ながら男性ホルモンを持っており、男性ホルモンの変化が原因で発生するAGA(男性型脱毛症)が女性でも起こりうることは、女性の薄毛・脱毛症・FAGAを考えるで説明した通りです。これは、加齢によるホルモンバランスの乱れによって、ヘアサイクルの乱れが生じやすくなることにも関係しています。

ここまで見てきたさまざまな状況に対して、更年期に差し掛かる頃に薄毛や脱毛症を感じた方は、まずは血行の悪化やホルモンバランスの乱れを自覚し、加齢に伴う老化現象を促進する要因をひとつひとつ取り除くことで、頭皮環境のめざましい改善を期待することができるはずだといえます。