頭皮環境や髪質の低下を見逃さない

薄毛や脱毛のサインは、単に髪の毛が抜け落ちることだけではありません。頭皮を触った感じやニオイに変化が現れた場合も挙げられますし、力強さを失った髪質や、細くて軟らかい毛が目立つようになったという変化も挙げられます。

ここでは、こうした頭皮環境や髪質の低下について取り上げ、薄毛や脱毛が進行している可能性を説明します。

皮脂と頭皮のニオイ

まず、頭皮環境の悪化は、髪の毛の生育にとって良くない状況が生じているサインだといえます。具体的には、地肌に触れたときに脂ぎっている感じや、これとは逆に乾燥肌を感じた時、あるいは、頭皮から臭いニオイを感じたときが挙げられます。

そもそも頭皮は、皮脂を分泌する皮脂腺がとても発達した部分です。皮脂腺は体毛1本ごとに存在する部分であり、皮脂腺の腺細胞が内部で生成した分泌物を大量に蓄えた後、細胞全体が崩壊することで放出されるのが皮脂です。

つまり皮脂とは、皮脂腺の細胞が崩壊したあとのもの全てです。これが皮膚表面に分泌され、皮膚や体毛の表面に常に薄い膜を広げ、皮膚や毛髪を異物から保護したり、保湿する役割を果たしています。

また、皮脂に含まれる脂肪が皮膚の常在菌によって分解されたものが脂肪酸です。この脂肪酸は弱酸性として頭皮の表面に存在し、病原菌などを排除する役割を果たします。

ただし、頭皮は皮脂腺がとても発達した部分です。頭皮が分泌する皮脂の量も多いため、日常的に頭皮を洗わないと皮脂が蓄積し、ニオイが発生してしまいます。

これとは別に、ひとはストレスを受けると、体内の活性酸素が急激に増加します。この場合も皮脂腺が活発になりますが、この時に分泌される皮脂は、通常よりも強い臭いを伴うことが明らかになっています。

こうしたことから、頭皮の臭いニオイが目立つということは、普段からきちんと頭皮ケアを行っていなかったり、血行の悪化を通じて毛髪の成長を阻害する可能性があるストレスを強く感じているサインだといえます。

皮脂の分泌の異常と薄毛・脱毛

皮脂腺は、毛根の上部にあります。ここから分泌された皮脂は、保湿を通じて頭皮を乾燥から守り、皮脂が皮膚の常在菌に分解されることで生じる脂肪酸も、病原菌などの排除に役立つ物質です。

大事な皮脂を分泌する皮脂腺も、身体中に張り巡らされた毛細血管が運搬する栄養分や酸素などの供給を受け、栄養分を使って皮脂の分泌を行います。また、人体の調整作用を刺激するホルモンのバランスの影響を受け、過不足無く適度な皮脂の分泌を行います。

しかし、こうした機能が十分に行き届かなければ、皮脂の分泌が過剰になったり、逆に不足するといったことが生じます。地肌に触れてみたときに、脂ぎった感触や、カサカサで乾ききった乾燥肌だと感じた場合は、こうした状態の可能性も考えられます。

頭皮環境の悪化の原因が、皮脂の分泌の異常な変化に基づくものであれば、それは血行の悪化やホルモンバランスの乱れかもしれません。こうした状況は、毛髪の健全な成長を阻害するものでもあり、薄毛や脱毛を引き起こすサインだと考えるべきでしょう。

髪質の低下と薄毛・脱毛症

薄毛や脱毛のきざしは、単に抜け毛が目立って髪の毛の総本数が変化したというだけではありません。たとえ抜け毛が多くなったと感じることが無くても、1本1本の髪質の変化は、薄毛・脱毛症を招く可能性を示したものだといえます。

通常の毛髪の成長サイクル(ヘアサイクル)は、十分な成長期が確保され、硬くて太い毛がしっかりと成長します。髪の毛は正常なヘアサイクルでも古いものから抜け落ち、そこから新たな髪の毛が生育することで総本数がほとんど変わらないまま、生え変わりが行われます。

しかし、薄毛や脱毛の場合は、ヘアサイクルにおいて十分な成長期が維持されず、髪の毛が十分に育たないまま抜け落ちたり、抜け毛のあとに新たな髪の毛が生成されないといったことが生じます。

(通常のヘアサイクルと薄毛・脱毛症の場合の抜け毛の違いについては、毛髪のヘアサイクルで説明しています)

ヘアサイクルは1本1本の髪の毛が異なる毛周期を迎えており、ホルモンバランスの激変によって一度に脱毛する出産後などの場合(→出産後に髪の毛が抜けるのはなぜ?)を除けば、薄毛や脱毛症は徐々に進行することが一般的です。

このため、たとえ髪の毛の総本数に目立った違いを感じなかったり、今すぐ直ちに抜け毛が急に増えることが無いと思っている方でも、細くて力の無い毛が目立つようになったとか、以前よりも柔らかく縮れた毛が増えたといった方は、これから先の薄毛や脱毛症の可能性を考えるべきでしょう。

細くて短い毛や力が無く軟らかい毛が目立つ髪質は、十分な毛髪が育たないままヘアサイクルを迎える可能性があります。こうしたヘアサイクルの異常は、やはり栄養分が毛髪に行き渡らない血行の悪化や、頭皮環境の低下が影響しています。

こうしたサインを感じ取った方は、血行を改善させる生活全般の見直しや、清潔な頭皮環境を維持する頭髪ケアに関して、普段からより積極的に取り組むことが重要だといえます。