アイランドタワークリニックの取り組み

今回は、アイランドタワークリニックの取り組みを取り上げます。

アイランドタワークリニックの活動とは

アイランドタワークリニックでは、国内トップクラスを誇る先端の医療設備・施設、充実した医療スタッフを配備した万全の体制を整えています。さらに、常に高水準の医療技術を提供できるよう、さまざまな取り組みを行っています。

学術活動への参加と症例研究

アイランドタワークリニックでは、植毛の技術向上や自毛植毛の社会的地位向上のため、学会への積極参加、他院との技術交流など、対外的な活動を国内外問わず精力的に行っています。

世界毛髪研究会議(WCHR)、国際毛髪学会(ISHRS)に医師、看護師、アドバイザーを派遣して参加したり、海外医学雑誌『JPRAS Open』に当院の医師の論文が掲載されたこともあります。

国内においても、日本皮膚科学会総会や日本形成外科学会総会・学術集会などに医師、看護師、アドバイザーが参加したり、治療法と実施症例およびその成績に関する発表も行っています。

アイランドタワークリニックは院外に向けて有益な情報発信を行うだけでなく、院の内外で得た情報を有効に活用しています。さらに、医師たちが自身の症例を持ち寄って定期的に症例検討会を開き、意見交換を重ねて経験を共有しています。

患者さんへの取り組み

アイランドタワークリニックでは血液検査は無料です。自毛植毛は麻酔を用いる医療行為であり、患者さんが安心して安全に手術を受けられるよう、無償で血液検査を行い、至適な処置を行います。

また、術後の追跡調査を行います。術後の経過もチェックする事で、さらなる施術向上のための研究を欠かさず、より習熟された植毛技術を追求します。

アイランドタワークリニックの自毛植毛は、メスを使わないため縫合の必要が無く、術後の傷跡が目立ちません。それだけでなく、メスに代わって施術に使うチューブパンチは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に届け出ているものを使用します。

アイランドタワークリニックでは医療器具だけでなく、医薬品についても、医学的根拠があるものしか使用しません。例えば、診断によりフィナステリド含有の医薬品を処方することはありますが、発毛、育毛に対して根拠の乏しい治療は行いません。

安全に対する取り組み

アイランドタワークリニックでは定期的に「滅菌講習会」を開き、最新の滅菌技術を学習し、向上していくシステムを構築しています。また、毎月「全国看護師映像会議」を行っています。

全国看護師映像会議では、手技、オペレーション、接遇の向上を目的として、症例の報告を始め、患者様への対応などについて話し合い、課題は大小関係なく議題にあげ、改善に繋げています。

スポンサーリンク