アイランドタワークリニックのi-direct法

今回は、アイランドタワークリニックのi-direct法を取り上げます。

i-direct法の特徴

i-direct法とは、アイランドタワークリニックがダイレクト法(FUE)を発展的に独自開発させた自毛植毛法のことです。FUE法の良いところを残しつつ、施術時間の短縮や生着率の向上を実現させています。

一般的にダイレクト法(FUE)とは、専用のパンチで毛包を抜き出す方法であり、仕上がりが綺麗な反面、毛根を切断しやすいため、切断率が高く、発毛率(生着率)が低いことが大きな問題でした。

これに対してアイランドタワークリニックのi-direct法では、より極細のチューブパンチを採用しており、より高精度で目立たない仕上がりを可能にしています。

さらに、空気圧を利用して移植株を植え込むインプランターを導入し、株の保管方法も改善することで、移植株のダメージを抑えて生着率を向上させています。

i-direct法のメリット

i-direct法は毛包単位で採取から移植まで行い、ダイレクト法と同じくメスを使わないため、メスで切り取ったような傷跡が無く、採取後の縫合も不要なため術後の目立つ手術痕が見られないことが大きなメリットといえます。

さらにi-direct法では、ダイレクト法に見られた切断率の高さや生着率の低さという課題を克服し、独自の医療機器と熟練した医師の技量によって、非常に質の高い自毛植毛を受けることが可能となっています。

i-direct法のデメリット

i-direct法のデメリットとしては、毛包単位で採取から移植まで行うため、施術時間がやや長く、費用も高めになることが挙げられます。医師の技量に左右されやすいことも挙げられますが、これは他の植毛法でも同じことがいえます。

また、ダイレクト法は採取場所の髪を刈り上げる必要があります。これについても、i-direct法では刈り上げずに済む方法もあるため、無料カウンセリングの際に相談すると良いでしょう。

i-direct法のまとめ

i-direct法は、従来からのダイレクト法(FUE)を踏まえつつ、アイランドタワークリニックが独自の技術や移植プロセスを考案した発展的な自毛植毛法です。仕上がりの綺麗さや大きな傷跡が残らないといったダイレクト法の良さを活かしています。

その一方、アイランドタワークリニックでは、ダイレクト法に見られた生着率の低さという問題を改善し、術後のリスクを極力抑える努力を絶えず行っています。

また、ダイレクト法は狭い範囲の植毛に向いていると言われてきました。しかし、パンチなどの技術向上に伴い、アイランドタワークリニックのi-direct法では、非常に広範囲の施術にも対応するようになっています。

スポンサーリンク