薄毛・脱毛は遺伝するのか?

「薄毛や脱毛は遺伝するのか?」という質問に関しては、遺伝子の研究が進んだことにより、「遺伝する性質である」ことが明らかになっているといえます。

特に、AGA(男性型脱毛症)を引き起こす男性ホルモンへの感受性は、主に母方から受け継ぐ遺伝子によって決まっていることがわかっています。また、このほかの遺伝子を通じた薄毛・脱毛の遺伝も関連することが明らかになっています。

その一方、遺伝子を引き継いでいることと、本人が実際に発症することは別物です。脱毛に関連する遺伝子を受け継いだからといって、すべての方が薄毛・脱毛症になるとは限りません。

なお、AGAの原因が男性ホルモンの変化であることや、女性でもAGAを発症する場合があることは、男性型脱毛症(AGA)を引き起こす原因は何か?で説明しています。これを踏まえ、今回は、薄毛・脱毛症と遺伝の関係や、遺伝したからといって発症するとは限らない点について、詳しく取り上げていきます。

男性ホルモン受容体遺伝子

AGA(男性型脱毛症)は、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが、毛乳頭にある男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に作用することで発症することがわかっています。

ホルモンは、人体のさまざまな調整作用に関わる体内物質です。このうち男性ホルモンは、筋肉・骨格の形成や性欲の向上といった身体機能を整える作用を持った物質であり、アンドロゲン(androgen)ともいいます。

受容体は、特定の刺激を受けたときになんらかの反応に置き換える仕組みを持った構造を指す言葉であり、受容体はレセプター(receptor)とも言います。

男性型脱毛症の場合、DHTという男性ホルモンが受容体に刺激を与えることで発症します。男性ホルモン受容体は両者の頭文字を取って「AR」と略されます。ARはDHTに限らず、他の男性ホルモンにも反応します。

このARには、遺伝的にさまざまなタイプが見られ、ひとによって刺激を受けた時の感受性が異なります。このARの違いを決定づけているのは、男性ホルモン受容体遺伝子(AR gene)と呼ばれる遺伝子であることがわかっています。

男性ホルモン受容体遺伝子は、X染色体上に存在します。染色体とは、細胞の核のなかにあって、遺伝情報を現し、それを伝える体内物質です。特にX染色体とY染色体は性染色体と呼ばれ、生まれてくる子どもが男女どちらの性別になるかの決定に関与しています。

染色体は2個で1組であり、人間は23組(=46個)の染色体を持っています。この染色体は22組までは男女とも同じ形ですが、23組目だけ形が異なります。この23組目が性染色体であり、男性は「X・Y」女性は「X・X」の組み合わせです。

つまり、男性はX染色体とY染色体の組み合わせ、女性はX染色体どうしの組み合わせです。X染色体の精子とX染色体の卵子が結合すれば「X・X」=女の子が誕生し、Y染色体の精子とX染色体の卵子が結合すれば「X・Y」=男の子が誕生します。

ここで、X染色体について見ると、男性は母親だけから、女の子は両親から引き継いでいます。男性ホルモン受容体遺伝子はX染色体上に存在しており、男性型脱毛症(AGA)は、母親が持つX染色体からの遺伝的な影響が大きいということがわかっています。

遺伝子とは、染色体を構成する重要な要素であり、実際の遺伝情報を含んだ部分です。遺伝的多型がある男性ホルモン受容体遺伝子が受け継がれることで、脱毛ホルモンといえるDHTに対する感受性、つまり、薄毛・脱毛に関してどの程度反応するのか、遺伝的な影響を受けることになります。

常染色体の脱毛に関わる遺伝子

その一方、性染色体以外の染色体のことを「常染色体」といいます。常染色体のなかでも、3q26や20p11と呼ばれる領域において、男性型脱毛症の発症に関わる遺伝子の存在が確認されています。

特に、男性型脱毛症の発症を働きかける酵素(5α-リダクターゼ)が、体内のどの部分にどれだけ分布するかは、両親の遺伝子からの影響を受けます。このため、薄毛・脱毛の発症部分やそれぞれの進行度は、両親からの遺伝によるものといえます。

常染色体に含まれる遺伝子にも脱毛に影響する遺伝子があるという点は、母親だけでなく、父親からの遺伝的な影響も、薄毛・脱毛の発症に関わっていることを示すものです。このように、遺伝子レベルの解明によって、薄毛・脱毛は遺伝するものであることが科学的に証明されています。

薄毛・脱毛の遺伝=即発症ではない

薄毛や脱毛が遺伝するからといって、その遺伝的な性質を受けた方すべてにおいて、脱毛症が見られるとは限りません。実際には、脱毛に関わる遺伝子を持っている方でも脱毛しない方がいますし、脱毛に関わる遺伝子を持ってない方でも脱毛する方がいます。

脱毛に関わる遺伝子を持っている人でも薄毛・脱毛にならない方が存在するということは、健全な毛髪の成長を維持したり取り戻すことが出来る可能性をおおいに期待して良いということでもあります。

これとは逆に、脱毛に関わる遺伝子を持っていない人でも薄毛や脱毛になってしまう方がいるということは、遺伝子の影響だけでは説明できない原因があるということです。

そこで最も考えられるのは、頭皮環境の改善です。健全な毛髪の成長とは、毛細血管が運搬した栄養分や酸素などを毛乳頭が受け取り、毛乳頭が栄養分を毛母細胞に受け渡すことで毛髪の成長を促し、毛母細胞が栄養分を使って分裂を繰り返すことで健全な髪の毛が生成されていくことです。

規則正しい生活を送っていたり、タバコや過度な飲酒をやめたり、適度な運動や適切な食事に心がけることは、血行の改善につながります。これは毛細血管を通じて、毛乳頭や毛母細胞と言った毛根部に栄養分や酸素がスムーズに送られることを意味しています。

こういった基本的な生活習慣に加え、ストレスフリーで健康的な毎日を過ごすことは、血行の改善を通じて頭皮環境を向上させることにつながります。薄毛や脱毛を発生させるだけでなく、その進行を遅らせたり、健全な毛髪の成長を取り戻すことも、遺伝的な影響だけでは無く、さまざまな要因によって左右されるものだといえます。