良いことを取り入れ、必要なら誰かの助けを

髪の毛は、皮膚に付随する構造の1つです。毛以外の皮膚の付属器官としては、人間では爪が挙げられますし、魚類のウロコや鳥類の羽毛の例もあります。どの場合も、それぞれの生物の体の一部です。

毛髪も人間の体の一部である以上、精神的なストレスや肉体的なストレスを低減したり解消することによって、脱毛症が改善したり、健全な髪の毛の成長を取り戻し、ハリやコシのある健康的な毛髪が得られることもあります。

髪の毛のためになる良いことに関しては、出来ることがたくさんあります。自分で出来る毛髪ケア、生活習慣の見直しといったことは、直接的な即効性は無いかもしれませんが、身体全体から健全な毛髪の生育を促す環境を整えることにつながります。

また、一般的な育毛サロンや育毛サービスは医療行為ではありませんが、頭皮環境を整えたり、気持ち良いリラクゼーション効果を得ることで、やはり正常な毛髪の成長サイクルを取り戻すための良きサポートとなりえます。

さらに、薄毛治療は公的健康保険の適用外で全額自己負担が原則ですが、発毛・育毛専門の医療機関(クリニック)では、医師の指導に基づく医療行為としての薄毛治療や、発毛・育毛に対する医薬品の処方を受けることができます。

当サイトでも薄毛対策について、規則的な食生活、睡眠不足の解消、適度な運動、ストレスの低減や解消、育毛剤の選び方・使い方といった自分で出来ることを幅広く取り上げ、それがどのように毛髪に活かされるのかについて説明しています。

その一方、一般的な育毛サービスや、医療機関で受ける薄毛治療も説明しています。育毛サービスの育毛プログラムや、医療行為として処方される薬、植毛手術など、さまざまな施術についても1つ1つ詳しく取り上げています。

医療機関の薄毛治療は、薄毛・脱毛症を1つの疾患と捉え、それに直接対処しようとする取り組みですし、一般的な育毛サービスは、成長因子や毛細血管といった毛髪環境に働きかけることで、健全な発毛・育毛を促進する環境の整備に重きを置いたものだといえます。

現在では、薄毛・脱毛症の抑制や発毛・育毛の促進に関する科学的な研究も進んでおり、人々の選択肢も幅広く広がっています。ここでは、さまざまな取り組みに関して、どういう姿勢で考えていけば良いのかについて取り上げます。

自分が良いと感じたことを取り入れる

薄毛や脱毛症を引き起こす要因は、ひとそれぞれですし、その進行の度合いや発症する箇所にも個人差があります。当サイトでもさまざまな薄毛・脱毛症の種類を説明していますが、ホルモンが関わる脱毛症、代謝異常、血行不良、生理、ストレスなど、非常に数多くの原因が考えられています。

さまざまな要因が関わって発症しているということは、裏を返せば、毛髪環境の改善にとって何がより良く作用するのかということも、ひとそれぞれだと言うことができます。

ある人にとって高い効果をもたらした事柄が、自分にとって良いものだとは限りません。これとは逆に、多くの人にとって効果が無かった事柄も、自分の症状の改善には役に立つことがありえます。

薄毛・脱毛症を引き起こす要因に個人差があることは、それを改善する方法にも個人差があるということができます。そして、発毛・育毛を促す改善策は、とてもたくさんの方法が考えられています。

このため、まずは自分が良いと思ったことをやってみることをどんどん取り入れていくことが、発毛・育毛対策の基本だといえます。もちろん、しっかりと腰を落ち着かせ、短絡的な考えに陥らず、しっかりと効果を見定める姿勢が重要です。

短期的な成果だけ追い求め、あれこれと取っ替え引っ替えやり方を変えるのは考えものですし、これではいつまでたっても「自分に合う方法」は見つかりません。これは論外ですが、ここで言っているのはそういうことではありません。

薄毛治療や発毛・育毛に関する方法を6ヶ月でも1年でも続けてみて、自分の毛髪への効果をある程度見極めることが重要ですが、そこで1つの方法がダメだったからと言って諦めるのは早計です。

先述の通り、毛髪を改善する方法はたくさんの選択肢があります。こうしたもののなかから自分が気に入ったもの、自分ができそうなものから取り入れ、ある程度の期間を置いて自己分析し、効果があると感じたものは継続していく、というスタンスが望ましいといえます。

ダメだったものは、他人には良くても自分には合わなかったということだと思います。それとは逆に、他人には合わなくても自分には良い効果をもたらす方法が見つかる可能性があります。

短い期間でさまざまな方法をどれもこれも試しただけというのでは、どれが自分にとって最良の改善策なのか一向にわかりません。これとは逆に、1つの方法がダメだったからと言って諦めず、さまざまな改善策のなかから自分に合った方法を見つけていくという取り組みが必要だといえます。

様々な方法を試していくうちに、自分に合うと感じる方法は1つとは限らないはずです。育毛剤、生活習慣、薄毛治療、育毛サービスなど、自分ができそうなこと、やってみるだけの価値を感じることは、いくつでも取り入れていきましょう。

半年間でも1年間でも続けてみて、「良い感じ」を感じたもの、気持ちが前向きになったり、全身の調子が上向いたと感じたことは、毛髪の生育にもプラスに働きますし、どんどん取り入れて継続することが重要です。

誰かの助けを得ることも度量の1つ

薄毛・脱毛症の改善や発毛・育毛の促進策は1つではありません。さまざまな選択肢があり、長い目で自分に合った方法を見つけていくことが重要です。ただ、それは絶対に1人で見つけなければならないものではありません。

毛髪の改善に関しても、家族や友人の理解が必要な場合もあるでしょう。あるいは、育毛サービスや医療機関を利用することが、有力な選択肢としてあったほうが良いと思います。

髪の毛の健康を取り戻すのは、最終的には自分1人の判断や努力が欠かせません。ただその際に、判断に迷ったときや、努力していく上でのアドバイスを頼ることは、何も決して変なことでもなんでもありません。

自分が生きていく上で、誰かの助けを求めることも、そのアドバイスを率直に受け入れることも、そのひとが持つ人としての度量の1つです。最後には自分が決めるべきところも、その途中の過程で誰かの助けを得ることも、どちらも等しく重要なことだといえます。