フィナステリドとミノキシジルの併用は有効か?

フィナステリドとミノキシジルは、薄毛治療の医療機関において、併用して治療することが幅広く見られます。この併用自体は、特に副作用や、健康状態への影響が確認された場合を除けば、問題なく行ってもかまわないといえます。

日本では、フィナステリドは「プロペシア」(MSD社)という商品名で流通しており、男性型脱毛症(AGA)に対する飲み薬(錠剤)として国の承認を受けた医療用医薬品です。

なお、フィナステリドは、もともと前立腺肥大の治療薬として「プロスカー」という商品名で販売された薬ですが、こちらは配合量が高く(高用量)、日本では未承認です。また、海外のプロペシアも日本のものより高用量であり、やはり国内では未承認です。

その一方、ミノキシジルのほうは、日本では頭部に塗布する発毛薬として「リアップ」(大正製薬)という商品名で流通しており、国から第1類医薬品として認められた一般用医薬品です。

海外では、同じミノキシジルを配合した外用の発毛薬として、「ロゲイン」という商品があります。こちらも、日本の「リアップ」とはミノキシジルの濃度が異なり、国内では未承認の薬です。

さらにミノキシジルの場合、もともとは高血圧治療の血圧降下剤として経口薬である「ロニテン」という商品名およびジェネリック医薬品が販売されていますが、これらも日本では未承認です。

国が未承認としている薬は、大きな副作用や死亡に至った場合でも、医薬品副作用被害救済制度の対象にはなりません。なお、他の法令等に違反しない範囲であれば、未承認の薬でも医師が処方すること自体は、ただちに法律上の問題になることはありません。

このため、薄毛治療の医療機関のなかには、ミノキシジルを塗布薬としてだけではなく、場合によっては飲み薬(経口薬)として処方するところもあります。この場合、適切な検査が行われ、副作用のリスクや健康管理に配慮した医療機関を選ぶことが重要です。

ここでは、こうしたフィナステリドとミノキシジルの併用や注意点について取り上げます。

フィナステリドとミノキシジルの違い

フィナステリドとミノキシジルは、薄毛治療におけるメカニズムに違いがあり、発毛効果に至るプロセスが異なることから、両者を上手に併用することで、さらに高い治療効果を期待することができます。

フィナステリドの仕組み

フィナステリドは、脱毛の原因となる働きを行う酵素の働きをブロックすることで、男性型脱毛症(AGA)の進行を阻止し、自然な毛髪の成長サイクル(ヘアサイクル)を取り戻すことを目的とした治療薬です。

体内に存在する5α-リダクターゼという酵素は、身体の形成に関わるテストステロンという男性ホルモンを、より強い性質を持った男性ホルモンのジヒドロテストテロン(DHT)という物質に変える働きがあります。

このDHTという物質が生成されると、毛乳頭が萎縮したり、毛母細胞の成長が抑制されてしまいます。DHTという物質は、いわば「脱毛ホルモン」といえるものですが、これが生成されるのは、5α-リダクターゼという酵素の働きによるものです。

これに対し、フィナステリドという治療薬は、そもそもDHTの生成に関わる5α-リダクターゼの働きを阻止することで、毛母細胞などへのダメージをストップさせ、正常なヘアサイクルを取り戻すことで、健康的な発毛効果が期待できる薬といえます。

ただし、フィナステリドは、女性には使えません。女性も少量ながら男性ホルモンを持っているのですが、ホルモンバランスに関係するフィナステリドを女性に使うことはとてもリスクが高く、重大な副作用の可能性もあることから、女性が使用することは避けるべきです。

また、フィナステリドは、科学的に解明された男性型脱毛症(AGA)の進行をストップする機能がある治療薬です。これは、円形脱毛症など、AGA以外の脱毛症にはほとんど効果がないことを意味しています。

ミノキシジルの仕組み

ミノキシジルの発毛薬としてのメカニズムは、厳密に解明されているわけではないのですが、我が国を含む多くの国では発毛効果自体は医学的に認められており、日本でも一般用医薬品(第1類医薬品)の「リアップ」(大正製薬)として販売されています。

薄毛治療の医療機関でも、ミノキシジルを頭部に塗布する外用薬としても処方する場合があります。これに加え、飲み薬としてのミノキシジルは日本では未承認ですが、薄毛治療の医療機関のなかには、場合によっては処方する場合があります。

ミノキシジルは、もともと高血圧の方向けの血圧降下剤(血管拡張薬)として開発された薬であり、血管を拡張する作用を通じて、毛乳頭細胞や毛母細胞に活力をもたらす薬だと考えられています。

ミノキシジルは、フィナステリドと異なり、女性向けの薬も開発されて流通しています。また、脱毛症に直接働きかけて発毛効果が期待される薬であり、比較的早いうちから効果が出る方も少なくありません。

ミノキシジルは国内で承認された外用薬で使う場合は、その塗布した範囲で効果が期待できます。主に頭頂部や先頭部での効果が期待できます。その一方、飲み薬として処方される場合、発毛効果は頭部全体のみならず、全身の体毛に及ぶ可能性があります。

フィナステリドとミノキシジルの併用と副作用

このように、酵素の働きをストップすることで正常なヘアサイクルを取り戻すフィナステリドと、脱毛症に直接立ち向かうことで発毛効果が期待できるミノキシジルは、発毛効果の仕組みが全く違っており、競合することがありません。

このため、両者を上手に併用することで、非常に大きな発毛効果が期待できるといえます。ただし、効果が高いということは、それだけ副作用の可能性も高いことには留意しましょう。

フィナステリドの副作用には、肝機能障害、胃部不快感、胎児への影響、授乳による影響、性欲減退、勃起不全、うつ症状などが挙げられます。また、フィナステリドは前立腺がんの目安となるPSA値を下げてしまう効果があります。

ミノキシジルに関しては、もともと高血圧の方の血圧降下剤として開発された薬ですから、必要以上に血圧を押し下げ、めまい、立ちくらみ、動悸・息切れ、不整脈、倦怠感、重い低血圧を引き起こす可能性があります。

このほか、ミノキシジルの副作用には、むくみから来る体重増加や肌荒れ・ニキビ、性欲減退、性的不能、皮膚の紅潮、胸の痛みなど、手、足、顔のしびれや痛みなどが挙げられます。

さらに、ミノキシジルは飲み薬として服用する場合、全身の体毛が濃くなる多毛症の可能性もあります。

どちらの治療薬の場合も、こうしたさまざまな副作用を考慮して検討することが重要です。それぞれの薬について、発毛効果のプロセスや副作用については、それぞれの記事でより詳しく説明しています(AGA治療薬・フィナステリドとは発毛薬・ミノキシジルとは)。