ヘッドスパの種類と効果

ヘッドスパとは、温水シャワーを利用したヘッドマッサージです。従来から美容院・美容室で幅広く行われてきましたが、最近ではエステサロンや育毛・発毛サロンで行うことも珍しくなくなっています。

なかには、ヘッドスパの専門店も登場したり、家で気軽に行えるヘッドスパ関連の美容マッサージ機器も市販されています。ここでは、ヘッドスパの種類と効果を取り上げていきます。

ヘッドスパの種類

炭酸ヘッドスパ:炭酸水を利用したヘッドスパです。炭酸水は炭酸ガスを含んだ水のことです。炭酸ガスを含んだ温水シャワーは、血管拡張作用を通じて血行を促進する効果があると考えられています。

また、ジェット気流を備えた炭酸水の温水シャワーは、頭皮や毛穴、毛髪に付着する皮脂や汚れを取り除く効果が期待できます。

ハニーパックスパ:ハチミツを配合した薬用の頭皮パックを使ったヘッドスパです。頭皮を柔軟で潤いのある状態に保つ効果が期待され、フケ・かゆみを防ぐタイプの頭皮パックもあります。

オイルヘッドスパ:オリーブオイル、ハーブオイル、アロマオイルなどのオイル成分を使って、髪の保湿力をキープしようとするものです。椿油などを使う場合もあります。

アロマヘッドスパ:天然植物のアロマオイル(アロマ精油)を使ったヘッドスパです。アロマ=芳香・香りのことであり、自分が好きなアロマオイルを選ぶことで、気持ちを穏やかにするリラックス効果が期待できます。

ヘナ・ヘッドスパ:ヘナ(ヘンナ)は、トリートメントや白髪染めなどに使われることが多い植物です。ヘナ・ヘッドスパは、乾燥粉末にしたヘナの染料をオイルなどとともにトリートメントするヘッドスパです。

クリームバス:インドネシアで盛んに行われている頭皮マッサージです。お好みのオイルを使って、髪と頭皮をまんべんなくマッサージします。

スカルプヘッドスパ:スカルプ=頭皮のことであり、このヘッドスパは、頭皮の毛穴の汚れや詰まりの除去を最優先に行うヘッドスパです。

頭蓋骨矯正(調整)ヘッドスパ:頭蓋骨のつなぎ目のわずかなズレに着目し、マッサージなどで整えることを通じて、頭皮や毛髪の環境改善を促そうとするものです。

超音波ヘッドスパ:超音波の振動によって、毛穴に詰まったがんこな汚れを分解し、毛髪や頭皮の環境を整えます。

ヘッドスパの育毛・発毛効果

ヘッドスパ自体は、その多くが医療行為では無く、誰もが気軽に受けることのできる頭髪ケアといえます。次々と新たなヘッドスパが登場しており、なかには医学的な根拠に乏しいものも少なくありません。

一般的なヘッドスパは、毛母細胞や毛髪の成長因子に直接的な働きかけを行うものではありません。その一方、油脂や老廃物など不要な成分の除去を目的としたヘッドスパでは、健全なヘアサイクルを取り戻すために、自然な毛髪の生育環境を整える効果が期待できます。

また、トリートメントやコンディショナーが中心のヘッドスパでは、毛髪を頭皮のトラブルから守る補修効果や、潤いのある髪をキープする保湿効果が期待できます。なかには、髪本来のハリ・コシ・ツヤまで期待できるものもあります。

全体的に見れば、ヘッドスパそのものが直接的に発毛・育毛を促すというわけではないものの、ヘアサイクルの正常化に適した清潔な頭皮をサポートすることによって、自然な毛髪の生育環境を期待することは可能だといえます。

現在では、発毛・育毛の専門プログラムでも、ヘッドスパの洗浄能力やトリートメント機能に着目し、炭酸ヘッドスパやスカルプヘッドスパなどを積極的に盛り込むところも数多く見られます。こうした点も、各種サービスを選ぶ際の参考になると思います。