薄毛向けシャンプーのおすすめは?

今回は、薄毛向けのシャンプーのおすすめについて取り上げます。

薄毛とシャンプーの関係

髪の毛は本来、古い毛が抜け落ちたあと新しい毛が生えてきて、成長期→退行期(移行期)→休止期という毛周期を繰り返す成長サイクルを維持することで、髪の毛が生え変わりながら全体の総量を維持しています。

しかし、自分に合っていないシャンプーを使うことで、こうした健全な毛髪の成長サイクルを阻害し、自分から薄毛などの頭皮トラブルを生み出すことにつながります。地肌や毛髪に、余分な皮脂や老廃物が残るようでは、薄毛になりやすくなります。

その一方、薄毛対策におすすめできるシャンプーというものは、単に洗浄力が高いということだけではありません。化学合成された成分などを含んだシャンプーは、肌にダメージを与えやすく、かえって望ましい頭皮環境から離れさせてしまいます。

シャンプーを頭皮トラブルの予防に活かすには、薄毛になりにくい清潔な頭皮環境の維持と同時に、毛髪や頭皮に行き過ぎた刺激を与えない成分で構成されたものがおすすめです。

頭皮環境の悪化は血流の低下をもたらし、毛乳頭や毛母細胞といった髪の毛を作る部分の活動を低下させます。これによって健全な毛髪の成長サイクルが阻害され、薄毛が生じないようにするためにも、適切な成分で構成されたシャンプーがおすすめといえます。

薄毛対策のシャンプーのおすすめポイント

薄毛対策にはシャンプーを見直すことも十分おすすめできることですし、ここまで取り上げた点から言えば、清潔な頭皮を維持する「洗浄力」と肌に優しい「低刺激」を両立させたシャンプーがおすすめといえます。

特にこの両者を考えるなら、まずはアミノ酸系の洗浄成分で作られたシャンプーがおすすめです。弱酸性で肌に優しく、皮膚や毛髪を傷めるほどの過剰な洗浄は行わず、低刺激で適度に無駄なフケや皮脂を洗い落としてくれるシャンプーといえます。

また、アミノ酸系に加えて、ノンシリコンシャンプーであることがおすすめポイントです。シリコンに該当するさまざまな人工化合物を含まず、薄毛など頭皮トラブルに配慮した、自然に肌に優しいシャンプーといえます。

なお、ノンシリコンシャンプーのデメリットとして、洗い上がったあとの潤さに欠け、パサパサ感を感じる方もおられます。これを補うため、多くのノンシリコンシャンプーでは、例えば自然の植物由来の成分を配合するなどして保湿力を高め、潤いを維持しています。

このように、薄毛対策のシャンプーとしては、アミノ酸系でノンシリコンに加え、保湿成分を配合したものがおすすめといえます。適切なシャンプーに替えることは、薄毛の予防を期待する可能性があるといえます。

もちろん、薄毛の発症は、頭皮環境だけとは限りません。シャンプーを替えるだけでなく、運動・睡眠・ストレスの改善や禁煙なども、血行の改善を通じて健全な毛髪の成長サイクルを取り戻すのに寄与する可能性があります。

シャンプーは日常的に使うものですから、今すぐできる薄毛対策として最もおすすめです。ただ、薄毛は生活習慣以外にも、ホルモンバランスの変化やリンパ球の自己免疫反応で生じることもわかっていますので、日常生活の見直しでも改善しない場合は、医療機関であるクリニックに相談することもおすすめします。