Hair Moving植毛法とは

今回は、Hair Moving植毛法を取り上げます。Hair Moving植毛法とは、AGAスキンクリニックや系列の東京ビューティークリニックで提供されている自毛植毛法であり、ストリップ法(FUT)に近い植毛法といえます。

Hair Moving植毛法の特徴

Hair Moving植毛法は、メスで切って採取した自分の毛髪を、薄毛が目立つ箇所に移植する方法です。自毛植毛は自分の毛を移植(自家移植)するわけですから、拒絶反応が起こること無く、原則として術後のメンテナンスもかからず、とても安全で確実な方法と言えます。

Hair Moving植毛法は毛包単位で採取を行い、メスで切った部分は縫合を行います。採取したドナーは移植株ごとに切り分け、さらにそこから採取したグラフト(毛穴)を、専用の植毛器で1つづつ丁寧に差し込んでいきます。

Hair Moving植毛法のメリット

Hair Moving植毛法はメスを使って毛包単位で毛根ごと採取する方法です。このため、採取時に毛根を切断してしまうリスクがとても少なく、定着率(生着率)や発毛率が非常に高いというメリットがあります。

また、1本づつ採取するのではなく、毛包単位で採取するため、広い範囲に高密度の移植を行うことが可能です。短時間で効率よく広い範囲を施術できるため、他の方法よりも治療費を安く抑えられることも大きなメリットです。

Hair Moving植毛法は自毛植毛であり、移植後の髪は当然自毛です。他の髪が白髪になっても、そこだけが黒髪のままということもありません。特別な維持費もかからず、広い範囲を非常に確実な方法で改善したい場合には最適な方法といえます。

Hair Moving植毛法のデメリット

Hair Moving植毛法のデメリットはメリットの裏返しであり、メスを使って切ることは一度に多くの毛包を採取して移植できる一方、手術した傷跡が残りますし、縫合が必要になります。

また、患者さんによっては、術後の痛みを感じる方もおられます。Hair Moving植毛法は、他の自毛植毛と比べると、ダウンタイムがやや長くなる傾向はあります。

Hair Moving植毛法のまとめ

Hair Moving植毛法はメスを使って毛包単位でドナーを採取し、ドラフトごとに差し込むように植え込む自毛植毛法です。このため、毛根を切断する確率が極めて低く、移植した毛の定着率が非常に高い確実な植毛法といえます。

また、1本1本採取するのではなく、広い範囲を採取して移植することができるため、一度に効率よく薄毛の問題を解決することができますし、安い治療費で広範囲のカバーを求めることができます。

Hair Moving植毛法はメスを使うため、縫合した手術痕が残ります。しかし、育毛剤やエステ・サロンなどより格段に確実な自毛植毛法です。自然で綺麗な仕上がりになりやすく、かつらなどとも違って維持費がかからず、移植後は他の毛と同様、自分の毛として生えてくれます。

スポンサーリンク