ガーデンクリニックの治療の流れ

今回は、ガーデンクリニックの治療の流れを取り上げます。

ガーデンクリニックの治療方針

男性でも女性でも発症する男性型脱毛症(AGA/女性の場合はFAGA)を抱えてガーデンクリニックを訪問される方は、まず本当に自分がAGA(FAGA)に該当するのかどうかというところから始まって、非常にさまざまな不安や疑問を持っておられます。

ガーデンクリニックでは、治療法、治療の流れ、治療の効果、治療費、検査・診察・施術の様子、施術時間、ダウンタイム、続けることができるだろうかなど、治療を始めるにあたり、あらゆる質問や疑問に答えていきます。

ガーデンクリニックの治療の流れ

ガーデンクリニックの薄毛・抜け毛治療は、まず無料カウンセリングから始まります。毛髪治療のカウンセラーが、今抱えている症状やこれまで受けてきた治療法など、直接医師に聞きにくいことも含めて、あらゆる相談に応じます。

カウンセリングは医師の診察のあとにも受けることができます。治療面だけでなく、費用面に関する説明を受けることもできます。ここでさまざまな疑問を納得した上で、治療に進むことができます。

検査・診察

医師による診察を通じて、薄毛の重症度や進行状態を診断した上で、個々の患者さんにとって最適な治療法を提案します。ガーデンクリニックは薬物治療(飲み薬、塗り薬)、メソセラピー、ハーグ療法、自毛植毛など、さまざまな選択肢を用意しています。

持病をお持ちの方は相談することができますし、血液検査で薄毛・抜け毛の原因が他の病気・疾患に由来したものでないかどうか確認も行われます。また、AGA・FAGAのなりやすさや治療薬(フィナステリド)の効きやすさは遺伝子検査で調べることができます。

処方

ガーデンクリニックでは、飲み薬(内服薬)、塗り薬(塗布薬)とも用意しており、薄毛を治療するさまざまなタイプのお薬を処方することができます。1人1人の症状に合わせた治療薬が処方されます。

具体的には、AGA(FAGA)を促す男性ホルモン(DHT)の増加をブロックするフィナステリド、血管拡張作用を通じて毛母細胞などを活性化するミノキシジルなどが処方されます。

また、フィナステリドは女性には禁忌であるため、DHTを毛根レベルで制御するスピロノラクトンや、女性ホルモンに似た作用を持ち美容医療の分野で幅広く使われるプエラリア・ミリフィカ配合のサプリメントなども処方できます。

施術

ガーデンクリニックでは、頭皮に栄養分を直接注入する発毛メソセラピー、発毛促進因子を注入するハーグ療法、自家植毛にも対応しています。薬物治療など他の治療法を経験した方は、これらの治療法が選択されます。

注入法も自家植毛手術の場合も、全てガーデンクリニックの経験豊富な医師の手により行われます。薄毛治療用に改良した無痛麻酔の併用で、注入法も手術も痛みはかなり軽減されています。

アフターケア

ガーデンクリニックでは、施術や手術を受けた方はもちろん、薬物治療の患者さんも、医師による定期検診を受けていただけます。薬の効果、副作用の有無、施術の効果をしっかりと確かめて、きちんとした薄毛治療ができているかどうか、必ず確認します。

治療困難症例は、難治症例カンファレンス(検討会議)によって複数の医師で治療法の検討が行われ、最適な治療を行います。

このように、無料のカウンセリングから検査・診察、治療法の選択、アフターケアに至るまで、治療法の選択肢が広く、ひとりひとりの患者さんに向き合うスタンスが、ガーデンクリニックの治療の流れだといえます。