ガーデンクリニックで処方される治療薬の種類

今回は、ガーデンクリニックで処方される治療薬の種類を取り上げます。

ガーデンクリニックの処方薬(飲み薬)

ガーデンクリニックで処方される薬のうち、飲み薬(服用薬)としては、フィナステリド、ミノキシジル、スピロノラクトン、オリジナルサプリメント(プエラリアミリフィカ)が挙げられます。

このうちフィナステリドは、男女とも発症する男性型脱毛症(AGA。女性の場合はFAGA)をもたらすDHTという男性ホルモンの増加を抑える治療薬です。ガーデンクリニックではジェネリックでは無い先発正規品のプロペシアを処方しています。

ただし、フィナステリドは女性には禁忌です(女性には使えません)。現在妊娠中または妊娠の可能性がある女性、授乳中の女性が服用すると、赤ちゃんへの催奇性の懸念があるためです。

このためガーデンクリニックでは、外用薬(塗り薬)として知られるミノキシジルを、飲み薬としても処方しています。こちらは血管拡張作用があり、毛乳頭や毛母細胞など髪の毛を作る組織に栄養分を送り届ける毛細血管の活性化が期待できます。

また、利尿薬として知られるスピロノラクトンは女性ホルモン作用を持ち、DHTの働きを毛根のレベルで制御することが分かっています。ガーデンクリニックでは、このスピロノラクトンもAGA治療薬として処方しています。

その一方、プエラリア・ミリフィカというマメ科クズ属の植物は、女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンを豊富に含んでおり、更年期障害の緩和や美容分野で幅広くサプリメントの原材料に使われています。

ガーデンクリニックでは、このプエラリア・ミリフィカを含んだサプリメントを女性専用に処方しており、薄毛に対して内面から治癒する力を引き出す処方を行っています。

ガーデンクリニックの処方薬(塗り薬)

ガーデンクリニックで処方される薬のうち、塗り薬(塗布薬)では、女性にはミノキシジル、男性にはミノキシジルとフィナステリドを主成分としたオリジナルリキッドを提供します。

ミノキシジルは血管拡張作用があり、日本でも一般用医薬品としては大正製薬の「リアップ」として幅広く流通しています。もちろん、ガーデンクリニックで提供されるミノキシジルは、医療用医薬品であり、より高い薬用効果が期待できます。

このように、ガーデンクリニックでは、来院者ひとりひとりの症状に合わせて、さまざまな働きから薄毛治療に効果がある治療薬が選択されます。治療薬のバリエーションの広さから見ても、ガーデンクリニックをおすすめすることができます。