AGA治療薬・フィナステリドとは

フィナステリドは、男性型脱毛症(AGA)に対する経口型の治療薬です。もともとフィナステリドは、メルク社が前立腺肥大の治療薬として開発し、1992年にアメリカで前立腺肥大の治療薬として「プロスカー」(Proscar)の商品名で認可されたものです。

プロスカーは高用量の薬です。また、日本では未承認であることから、医師が個人輸入して処方したとしても、国の医薬品副作用保護制度をうけることはありません。プロスカーを使うことは避けるべきです。

その一方、フィナステリドは、頭髪の脱毛と前立腺の肥大に関わるDHT(ジヒドロテストステロン)という物質の生成を阻害する効果が判明しています。男性型脱毛症(AGA)の治療薬として認可されたのは、アメリカでは1997年、日本では2005年です。

AGA治療薬としてのフィナステリドは、日本を含めた世界各国で、「プロペシア」(Propecia)という商品名で発売されています。日本ではメルク社の日本法人、MSD社(旧・万有製薬)が錠剤として販売しています。

フィナステリドは日本を含む多くの国で、錠剤として飲用する服用薬として普及しています。日本でも商品名「プロペシア」として、医師の処方が必要な医療用医薬品として流通しています。

ここでは、男性型脱毛症(AGA)とフィナステリドが働く仕組み、フィナステリドの遺伝子診断と副作用について取り上げていきます。

フィナステリドが働く仕組み

フィナステリドが男性型脱毛症(AGA)になぜ効果があるのかについては、AGAが発生するプロセスを知ることで理解が深まります。まず、人体にはテストステロンという男性ホルモンが存在します。

テストステロンは骨格や筋肉の形成に役立ち、精子の形成や性欲にも関わる大事な男性ホルモンです。ところが、5α-リダクターゼという酵素の働きによって、テストステロンはジヒドロテストテロン(DHT)という物質に変化します。

DHTはより強い性質を持った男性ホルモンですが、DHTが発生すると、毛乳頭が萎縮し、毛母細胞の成長が抑制されるといった現象が生じます。つまり、DHTが作られることは発毛の阻害を意味しており、「脱毛ホルモン」のDHTのせいで、男性型脱毛症(AGA)が発生するというわけです。

これに対し、フィナステリドは、酵素である5α-リダクターゼの働きを阻止する効果があります。酵素とは、それ自体は変化しないが、他の物質に働きかけ、その物質の変化を促す触媒のような作用を持つ物質のことです。

男性型脱毛症の場合、5α-リダクターゼという酵素がテストステロンに働きかけて、脱毛の根源であるジヒドロテストテロン(DHT)に変化させています。

フィナステリドという治療薬は、この酵素の働きをブロックすることで、DHTが生成されず、AGAの進行を止めることが可能となり、自然な毛髪の成長サイクルを取り戻すことができるのです。

フィナステリドが使えない場合

フィナステリドは、5α-リダクターゼという酵素の働きをブロックすることで、科学的な根拠に基づく強い効果を持った治療薬ですが、男性型脱毛症(AGA)以外の脱毛症には効果が無いとされています。

5α-リダクターゼには1型と2型という2つのタイプがあります。1型は全身の皮脂腺に広く分布しており、2型は、前頭部や頭頂部の毛乳頭・毛母細胞・毛母細胞と前立腺にだけ存在することがわかっています。

そして、フィナステリドがブロックする5α-リダクターゼは2型だけです。1型に作用することが無いため、結果として円形脱毛症など男性型脱毛症(AGA)以外の脱毛症には効果がありません。

また、フィナステリドは、女性や未成年にも使えません。テストステロンなどの男性ホルモンは、女性の体内にも少量ですが存在します。女性や未成年は、ホルモンバランスに影響を与える可能性があるフィナステリドを服用すべきではありません。

もちろん、妊婦、妊娠の可能性がある女性、授乳中の女性もこれに含まれます。女性を対象にした臨床試験で効果がないことが確認されていますし、未成年の場合は男女とも使うべきではありません。

フィナステリドの遺伝子検査

フィナステリドは、医師の処方が必要な医療用医薬品です。医療機関によっては、フィナステリドの使用に際して、遺伝子検査を提供するところがあります。遺伝子検査の目的は、男性ホルモンへの感受性を明らかにすることです。

先述の通り、男性型脱毛症(AGA)の原因は、DHTという男性ホルモンが発生することです。その一方、男性ホルモンの状態に対して、どの程度の変化が起きるかは、個人差があります。この感受性の違いは、遺伝的な要素が影響しています。

男性ホルモンの感受性が高い方は、DHTが少し増えただけでも、AGAが大きく進行します。こうした方には、少量のフィナステリドでも、DHTが増えないように5α-リダクターゼの働きを抑えることができますし、AGAの進行を止めることができます。

その一方、男性ホルモンの感受性が低い方は、AGAが進行しているということは、それだけ多くのDHTが作られ、5α-リダクターゼが働いていると考えることができます。

男性ホルモンの感受性が低い方には、比較的多量のフィナステリドを処方することで、しっかりと症状の改善を目指したほうが良いと考える医師もおられます。

男性ホルモンへの感受性に応じてフィナステリドの使用量を増減させてよいかどうかについては、実際の治療実績や科学的な検証の積み重ねが十分に至っているとはいえません。副作用などのリスクも考慮して、心配な点は医師に相談することをおすすめします。

実際の遺伝子検査は、アンドロゲンレセプターの遺伝子の特定の領域(エクソン)の配列を調べる検査です。アンドロゲン(androgen)とは男性ホルモンのことであり、レセプターとは受容体のことです。

レセプター(受容体)とは、なんらかの刺激を受けたときに、その刺激を情報のシグナルとして利用する仕組みを持った構造の総称です。刺激に反応する器官、細胞、分子などはすべてレセプターといえます。

遺伝子の配列のうち、このアンドロゲンレセプターに関する特定の部分を調べることで、男性ホルモンへの感受性の高さを知ることができるというわけです。

フィナステリドの副作用

フィナステリドは比較的安全性の高い薬ですが、副作用の可能性が無いわけではありません。主な副作用としては、肝機能障害、胃部不快感、胎児への影響、授乳による影響、性欲減退、勃起不全、うつ症状などが挙げられます。

特に、肝機能に疾患のある方への投与の検討は慎重にすべきですし、妊婦・妊娠の可能性がある女性・授乳中の女性は胎児や乳児への影響を考慮して使用すべきではありません。

また、フィナステリドはPSA検査にも影響します。PSAとは前立腺がんの検査で使われる項目であり、この数値が高くなると前立腺がんが疑われます。ところが、フィナステリドはPSAの数値を下げてしまう効果があります。

このため、フィナステリドの使用を始めると、PSAの数値が低い状態が続くため、前立腺がんの可能性を見過ごしてしまうことがありません。このため、医療機関によっては、フィナステリドの使用前にPSA値を確認してくれるところもあります。

もちろん、すでにフィナステリドの使用を始めている方は、PSA検査を受ける場合、必ずフィナステリドの使用を申告しておきましょう。