中央クリニックの女性薄毛治療薬「ALPHA for women」

中央クリニックの女性薄毛治療薬「ALPHA for women」

今回は、中央クリニックの女性薄毛治療薬「ALPHA for women」を取り上げます。

ALPHA for womenとは

ALPHA for womenは、中央クリニックが薄毛治療の有効成分を厳選した治療薬です。外用薬、内服薬タブレットA、タブレットB、健康食品の4種類があります。びまん性脱毛症を中心に、女性の薄毛治療に幅広く処方されます。

びまん性脱毛症とは、前髪をはじめ、毛髪が徐々に薄くなっていく脱毛症です。特に女性に多く見られます。また、女性も少量ながら男性ホルモンを持っているため、女性もAGA(男性型脱毛症)にかかります。女性の男性型脱毛症のことを、FAGAといいます。

びまん性脱毛症と女性のAGA(FAGA)は、症状がとてもよく似ています。男性に比べて、薄毛が徐々に進行する特徴が見られます。女性の場合もFAGAの原因は、DHTという男性ホルモンの増加が原因です。

同じ女性の薄毛の症状でも、びまん性脱毛症のように加齢、ストレス、ダイエット、過度のヘアケアなど生活習慣が原因と考えられますし、FAGAであればホルモンバランスの乱れといえます。

このため中央クリニックでは、こうしたさまざまな女性の薄毛の原因に着目し、あらゆる観点から4種類の治療薬が処方できる「ALPHA for women」を提供しています。

ALPHA for womenの特徴

ALPHA for womenは、外用薬、内服薬タブレットA、タブレットB、健康食品の4種類があります。このうち外用薬と内服薬タブレットAは、ミノキシジルが主成分です。

ミノキシジルは血管拡張作用があり、毛乳頭など髪の毛を作る組織に栄養分を届ける毛細血管の活動を活性化させ、健全なヘアサイクルを取り戻す効果が期待できます。生活習慣やストレスによって悪化した血行の改善を通じて、発毛を促すものです。

内服薬タブレットBには、スピロノラクトンが含まれます。スピロノラクトンは、女性ホルモンが増加するのと同じ作用(女性ホルモン作用)があります。これで男性ホルモンの過剰な増加(分泌)を抑制し、薄毛を防ぐ効果が期待できます。

健康食品(栄養機能食品、サプリメント)に含まれる主成分は、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ビオチンです。どれも毛髪に欠かせない成分であり、栄養分の不足によって新しい髪が作られない症状を改善する効果が期待できます。

このように中央クリニックのALPHA for womenでは、ストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの変化や栄養不足といったさまざまな薄毛の原因を考慮したうえで、ひとりひとりの患者さんに合った治療薬を処方することができます。

まずはカウンセリングで、医師が悩みと要望を伺うと共に患部を診察し、どのタイプが最も適しているかを説明します。カウンセリングは無料で行っていますので、お気軽にご相談ください。