男性型脱毛症のチェックポイント

今回は、男性型脱毛症(AGA)のチェックポイントについて取り上げていきます。

男性型脱毛症は「急激に」抜け落ち、「徐々に」広がる

男性型脱毛症のチェックポイントとして、真っ先に挙げられるのは、朝起きた時、シャンプーをした時、ブラッシングを行ったときなど、以前よりもずっと「急に抜け毛が増えた」と感じたかどうかという点です。

その一方、男性型脱毛症は、他の脱毛症に比べて、進行がとても遅く、症状が非常にゆっくりと進むという特徴があります。薄毛が突然やってきた、一気に毛が抜けたというよりも、少しずつ、「徐々に抜けてきた」という方も、男性型脱毛症を疑うべきです。

「急に抜け毛が増えた」と「徐々に抜けてきた」は、一見すると矛盾した事柄に思えます。これには、前者は「抜け毛の本数」、後者は「頭髪の状況」を指している男性型脱毛症の特徴です。

すなわち、「単に抜け毛がある」というだけでは、薄毛や脱毛症とはいえず、通常の毛髪の成長サイクルの一環として、新たに生え変わった毛の代わりに、昔の髪の毛が抜け落ちただけだという可能性もあります。

一般的には50~80本、あるいは100本前後の方でも、抜け毛があるというだけでは、直ちに脱毛症とはいえません。この点については、毛髪のヘアサイクルで詳しく説明しています。

その一方、以前はそんなに抜けていなかったのに、200本近くも抜けるようなことであれば、これは男性型脱毛症を疑うべきです。この点は、「急に抜け毛が増えた」という状態です。

200本といっても、いちいち数えるわけにはいきません。その目安として、(抜け毛は以前からあったかもしれないが)「急激に増えた」というポイントが挙げられます。枕中に髪が落ちるようになったとか、一度で排水口を塞ぐくらいの抜け毛も一応の目安といえます。

他方で、男性型脱毛症を「徐々に抜けてきた」という場合、これは毛髪の本数では無く、頭髪に残っている髪の毛の状況を指す言葉です。通常の抜け毛なら生え変わりがあるため、頭髪の髪の毛の総本数はほとんど変わりません。しかし、男性型脱毛症なら、生え変わりが無い部分から、少しづつ禿げる部分が目立つようになります。

男性型脱毛症は、ある日突然に全禿になるというような症状ではありません。主に前頭部や頭頂部から、少しづつ、禿になる部分が広がっていく特徴を持っています。こうした状況を感じたかどうかも、男性型脱毛症のチェックポイントといえます。

男性型脱毛症は、前頭部から頭頂部にかけて発生する脱毛症です。側頭部や後頭部はそうでもないが、これと比べて、特に額のあたり、または、頭頂部から毛髪が薄くなってきた(あるいは前頭部・頭頂部の両方とも)と思うかどうかも、一度確認してみましょう。

額の生え際が目立つ、頭のてっぺんが禿げてきた、地肌が目立つ、分け目が広がったといった点を感じた方も、男性型脱毛症の可能性があります。抜ける本数が多く、禿げる部分は少しづつ広がるのが、男性型脱毛症に見られる共通した症状です。

AGAでは毛髪が育たない

男性型脱毛症では毛髪が十分に育たないまま抜け落ちたり、今まで目に見えてこなかった生育途上の髪の毛まで抜け落ちるということがあります。通常のヘアサイクルによる抜け毛なら硬くて太い毛が多いのですが、細くて軟らかい毛ばかりが抜けていたら、男性型脱毛症を疑うべきです。

また、その抜け毛が目立つようになる前と比べて、髪の毛に寝癖がつきにくくなったり、ハリやコシが無くなって、スタイリングを行ってもボリューム感を出しにくくなったと感じた場合も、男性型脱毛症を疑うべきかと思います。

髪型が思うようにセットできなくなったり、風呂あがりや水泳のあとなど、髪がペチャンコになって膨らみ感が感じなくなったという点も、男性型脱毛症のチェックポイントといえます。

これは、抜け落ちる毛髪だけでなく、いま頭髪に生えている髪の毛も、男性型脱毛症の方は十分に育っていかないためです。髪の毛にしっかりした強さを感じなくなった方は、男性型脱毛症の可能性が考えられます。

男性型脱毛症は思春期の変化も影響する

ところで、髪の多い少ないは遺伝的に決まっているでも少しだけ触れたのですが、髪の太さやくせといった性質は、思春期に変化することがわかっています。

これは、男性型脱毛症を考える上でも非常に重要な点です。どうして思春期に髪質が変化するのかは、ホルモンバランスの変化が原因だとする説が有力です。その一方、男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンの変化だと明らかになっています(→男性型脱毛症(AGA)を引き起こす原因は何か?)。

思春期を経験したすべてのひとが髪質が変わるとは限りません(何も変わらないと感じる方もおられます)。髪質が変わったとしても、どの程度変わるのかは、非常に大きな個人差があります。

その一方、思春期以降、毛髪の成長サイクルも変化して、薄毛が目立ち始めるようになったという方も少なくありません。こうしたことから、思春期を思い出すと、髪の毛が薄くなり始めたのがその頃以降と思う方も、男性型脱毛症の可能性があります。

このほか、男性型脱毛症の場合は、遺伝的な要素も考慮すべきですが、この点については別途記事にする予定です。