出産後に髪の毛が抜けるのはなぜ?

女性は出産後に髪の毛が抜けることがあります。それも、一般的な女性の薄毛とは異なり、一度に大量の毛髪が抜け落ちるということが少なくありません。

出産後の脱毛のことを「分娩後脱毛症」と呼ぶ場合もありますが、この原因はホルモンバランスの変化です。妊娠・出産を経験した方以外にも、経口避妊薬(ピル)を服用していた方が服用を中止した場合も、同じような脱毛が生じます。

今回は、出産を経験したあとの女性の脱毛について、これが生じる原因とそのメカニズムや、あまり長く続く場合は医師に相談したほうがよい点について取り上げていきます。

女性ホルモンとは

出産後の脱毛の主な原因は、エストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの急激な減少です。「減少」といっても、この2つの物質は、妊娠によって一般的な女性の通常値より増加するため、出産後に通常の値に戻ろうとしているという表現のほうが正確かと思います。

本来「ホルモン」は、人体のさまざまな調整作用に働きかける体内物質です。「女性ホルモン」とは、ホルモンのなかでも女性の卵巣に大きく関わるホルモンです。

ちなみに、「男性ホルモン」は男性の精巣に大きく関わるホルモンですが、筋肉・骨格の形成や性欲の向上にも関わっており、女性も少量ですが男性ホルモンを有していて、こうした人体の形成に関与しています。

その一方、女性ホルモンは思春期の身体の形成や脂質の代謝などの調整機能にも関与しており、男性も女性ホルモンを有しています。女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があり、エストロゲンは卵胞ホルモン、プロゲステロンは黄体ホルモンです。

ただし、女性ホルモンの中でも、エストロゲンは女性らしい体つきの形成に関与する度合いが大きい物質です。このため、特にエストロゲンだけを指して「女性ホルモン」という場合があります。

エストロゲンとプロゲステロン

エストロゲンは卵巣(の顆粒膜細胞)、外卵胞膜細胞、胎盤、副腎皮質、(男性の)精巣間質細胞で作られる物質です。その一方、エストロゲンが働きかける刺激を受け取る受容体(レセプター)は全身の細胞にあります。

エストロゲンは乳腺細胞の増殖を促す、卵巣の排卵をコントロールする、脂質の代謝のコントロール、血糖の抑制(インスリン作用)、血液凝固、自律神経や感情の動きを整える(中枢神経や意識に関わる)、皮膚の薄化、動脈硬化の抑制(LDLの減少とVLDL・HDLの増加)など、人体のさまざまな調整機能に働きかけるホルモンとして知られています。

特にエストロゲンは女性に対して、女性らしい体づくりに寄与し、子宮に作用して子宮の内膜を厚くするすることで妊娠に備える役割がある重要な体内物質です。

その一方、プロゲステロンは、卵巣の黄体から分泌される物質です。ただし、妊娠中期以降になると、胎盤からも分泌されることがわかっています。

プロゲステロンは、乳腺の発達を促進し、体温(基礎体温)を上昇させる働きがあります。また、血糖値の調整、体脂肪の減少、利尿作用、他のホルモンとのバランス調整といった機能にも関与しています。

ただし、プロゲステロンは、口から服用しても肝臓で代謝分解される物質です。経口避妊薬(ピル)はプロゲステロンを含んでおり、ホルモンバランスに大きな影響を与えますが、このほかにプロゲステロンの経口薬を作っても、生理不順の緩和や更年期の症状の改善などの効果はほとんど無いと考えられています。

その一方アメリカでは、プロゲステロン配合のクリームが数多く流通しており、日本でも輸入販売している業者が存在します。このような外用サプリメント(塗布するクリーム)について、経口薬に替わって生理不順や更年期などの改善効果があると主張するメーカーや医師も少なくありません。

しかし、外用サプリメントとしてのプロゲステロンについて、医学的に効果があるということを示す根拠は極めて乏しく、医学界から広く認められているとはいえません。

医薬品としては、生殖補助医療のホルモン補充療法として、プロゲステロンを補充するための日本初の膣内投与製剤「ルティナス膣剤」(フェリング・ファーマ社)が承認されています。

ただしこの薬は、薬価未収載です。つまり、公的健康保険が適用される上での薬価基準が決まっておらず、公的健康保険の適用外(全額自己負担)となります。

プロゲステロンは黄体ホルモンの大半を占める物質であり、妊娠を助けるホルモンといえます。子宮に対して受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態にととのえ、妊娠後は妊娠の状態を維持・継続させる働きがある重要なホルモンです。

出産後・ピルの服用中止と脱毛

ここまで見てきた通り、エストロゲンとプロゲステロンは体内のさまざまな調整機能に関わるとともに、特に女性が妊娠しやすい状態づくりを促進し、子宮の環境を整えたり、妊娠したらその状態を守る役割がある重要なホルモンです。

これに加え、エストロゲンは毛髪の成長サイクル(ヘアサイクル)のうち成長期を伸ばし、通常のヘアサイクルに見られる抜け毛を延長させる働きもあります。また、プロゲステロンにも、育毛の維持という役割があると言われています。

※髪の毛が抜け落ちる現象自体は、正常なヘアサイクルでも生じますし、薄毛・脱毛の場合の抜け毛とは異なります。これについては、毛髪のヘアサイクルを参考になさってください。

どちらの女性ホルモンも、妊娠中は大きな役割を果たすため、体内でたくさん生成され、分泌量が増加します。このため、妊娠中は、1本1本異なる毛周期を持った髪の毛の成長期が伸びることで、その先の移行期(退行期)→休止期による抜け毛と新たな毛髪の生育による生え変わりが延長されていきます。

その一方、出産後はエストロゲンもプロゲステロンも、妊娠前の通常の値に戻ろうとして急激に現象します。このため、妊娠中は先延ばしされていたヘアサイクルも元の状態に戻り、生え変わりの時期を迎えた髪の毛が一気に抜け落ちるというわけです。

これは、経口避妊薬(ピル)を服用していた方が服用を中止した場合も、同じような脱毛が起こることを意味しています。ピルは、エストロゲンとプロゲステロンが主成分であり、妊娠に似た状態を人工的に作ることで、排卵・精子の子宮内侵入・受精卵の着床を抑制する薬です。

ピルを服用し続けた方が服用を中止すると、やはり妊娠から出産後の女性と同じく、増加していた女性ホルモンの減少が生じることで、それまで成長期が伸ばされていた髪の毛が一気に抜け落ちるということが起こります。

脱毛が長く続いたら相談を

ここまで見てきたように、出産後の女性やピルの服用を中止した女性は、一気に髪の毛が落ちるということがあります。原因はホルモンバランスの変化ですが、一般的な薄毛・脱毛とは異なり、かなりの部分の毛髪が一気に抜けるという方も少なくありません。

ただ、出産に伴う脱毛は、多くの場合は一過性のものです。女性ホルモンが通常の値に落ち着き、それに伴って毛髪の成長サイクルも元に戻れば、新たな毛髪の生育が行われ、次第に出産以前の髪の毛の状況に戻る方が一般的です。

出産後の脱毛を経験した方は、多くの場合は脱毛後3~4ヶ月で少しづつ回復していきますし、特に何もしなくても、脱毛した半年後には元通りになるという方が一般的です。ほとんどの方が、出産から1年~1年半後には落ち着きます。

ただ、出産を通じたホルモンバランスの激しい変化は、心身ともに急激な影響を及ぼします。また、妊娠中や出産前後は食事や運動などの習慣が大きく変わりやすく、こうした変化も出産後の身体に少なからず影響を及ぼします。

出産した女性のなかには、産後うつを感じたり、乾燥肌・シミなどの皮膚トラブルを引き起こす方もおられます。産後の薄毛・脱毛は、それ自体が強いストレスをもたらすこともあります。

こうした心身の変化が、出産後も毛髪環境に影響を及ぼし、薄毛や脱毛が長く続いてしまうという方も見られます。一般的には出産後の脱毛は気にする必要が無いのですが、こうした症状を感じた方は、医師に相談することをおすすめします。