AGAの治療期間はどれくらいか?

今回は、AGAの治療期間はどれくらいかについて取り上げます。

AGAの治療期間にどのくらいということは無い?

結論からいえば、AGA治療の平均的な治療期間は半年程度だといえますが、これは非常に大きな個人差があります。1ヶ月~3ヶ月程度で効果が出始めたと感じる方もいれば、新たな発毛を感じるまで1年以上かかったという方もおられます。

これには、AGAの治療は血管拡張作用を持つミノキシジル、AGAを生じさせる男性ホルモンの増加をブロックするフィナステリド(プロペシアなど)やデュタステリド(商品名:ザガーロ)といった薬の処方が第一歩ですが、この作用に個人差があると考えられています。

ミノキシジルは血管を拡張し、血流が改善することで、髪の毛を作る組織である毛乳頭や毛母細胞に対し、栄養分を運搬する毛細血管の活性化を促し、正常な発毛を取り戻す薬です。このプロセスによるAGAの治療は、一定期間経過を観察する必要があります。

また、AGAを生じさせる男性ホルモンをブロックするタイプの治療薬についても、遺伝子検査によって薬の効きやすさを判断することが可能です。脱毛を促す男性ホルモンの生成をブロックする効き目の高低は、AGAの治療に要する期間にも影響します。

AGA治療は一定期間の我慢が必要?

AGA治療は、一定の期間はそれなりに経過を観察し、発毛の効果が出てくるまでは、一種の我慢といえるかもしれません。ただし、内服薬でも塗り薬でも、多くの方は発毛効果を確実に実感しています。

先述通り、AGAの治療期間の一定の目安として、治療開始後6ヶ月=半年という期間が、発毛効果があった方のだいたい半数が実感する時期だと思います。AGAの治療を始めたとき、すぐに効果が出なくても、まずはそこまで続けることをおすすめします。

ある程度の期間AGA治療を続けていて、そこで成果が出ないと感じたら、やはり通院しているクリニックの先生と相談し、同じ治療法を1年間は続けるのか、あるいは他の治療法を選択するのか、話し合う機会を持つのも良いでしょう。

AGAに絶対的な治療期間というものはありません。健全な毛髪サイクルを取り戻すのは時間がかかりますし、1年以上の薬物療法で効果が出てきた方もおられます。最も良くないことは、簡単に成果を求めてすぐに諦めることです。

その一方、AGA治療には薬物療法以外にも、メソセラピー、ハーグ療法、自毛植毛といった治療法が確立されています。かなりの期間を薬で費やしてもAGAの治療に成果が見られなかった場合は、こうした治療法も検討して良いと思います。