AGA治療の費用はいくらかかる?

今回は、AGA治療の費用はいくらかかるのかについて取り上げます。

AGA治療の費用の目安は

AGA治療の費用は、クリニックによって大きく異なります。これは、AGAの治療が公的健康保険制度の対象外(保険適用外)であり、全額自己負担となる一方、提供する治療内容や費用負担はクリニックが任意で決められる自由診療となるからです。

このため、AGAの治療を求める利用者としては、単に費用が安く済むクリニックを求めるだけでなく、提供される治療法のバリエーション、治療実績、治療項目(例えばAGAの薬の種類)ごとの費用の内訳が明示されているかどうかも比較・検討をおすすめします。

カウンセリング・診察の費用

まず、AGAの治療では、初めにスタッフによるカウンセリングが一般的ですが、これは多くの場合無料となっています。診察料(初診・再診)や血液検査はそれぞれ5,000~6,000円、遺伝子検査は2万円前後が目安ですが、診察料も無料というクリニックもあります。

AGA治療薬の費用

ここで、AGA治療薬の費用を比較していきます(金額はどれも1ヶ月分あたりの費用です)。

AGA治療薬のうち、フィナステリドの先発正規品「プロペシア」は、5,000~7,000円という費用が相場で、7000円台後半だと高いかなと思います。

フィナステリドはプロペシアの他にも、非常に多くのジェネリック医薬品として処方されることが多いAGAの治療薬です。ジェネリックであれば、プロペシアより2~3割は安い費用で済む場合が多く見られます。

一方、より強力なAGA治療薬「ザガーロ」(デュタステリド製剤)の費用は、プロペシアより高めです。8,000~10,000円あたりが平均的な相場だと思います。

このほか、クリニックによって独自処方のオリジナルタブレットを提供することがあり、おおまかな費用の目安としては5,000~10,000円というあたりだといえます。なかには、複数の薬効成分を配合した2~3万円のものもあります。

その一方、塗布薬(塗り薬)の費用は、クリニックによって大きな違いが見られます。ミノキシジル製剤のリアップやロゲインのみの基本的な処方なら数千円で済む場合がある一方、ほとんどのクリニックでは独自処方の塗布薬で10,000~20,000円というあたりが目安だといえます。

AGAの治療は自由診療ですから、その費用プランも自由に設定されます。多くのクリニックでは、AGA治療薬の費用について、初月は割引料金を適用したり、長く使えば使うほど割安になる費用のプランを提供しています。

その他のAGA治療の費用

AGA治療のうち、メソセラピーの費用の相場は、1回あたり5~7万円です。8万円を超えると高いと思います。メソセラピーは1回で済むということは少なく、1回あたりの費用が割安になる3回や5回といったプランを提供するクリニックもあります。

ハーグ療法の費用は、1回の注入で頭部の3分の1なら8万円、3分の2なら10万円、頭部全体なら12~15万円が平均的な相場だといえます。

自毛植毛の費用は、1本あたり800~1,200円が相場で(例えば1000本なら800,000~1,200,000円)、300本や1000本といった単位で受け付け、本数が多いほど割安になるクリニックが一般的です。なかには、最新鋭の刈り上げない自毛植毛法を導入し、1本あたり2,000円というクリニックもあります。

さまざまなAGA治療法の費用では、クリニックによっては基本料金、術前検査、麻酔費用が別途必要な場合も見られます。ほとんどのクリニックでは公式サイトで告知しているため、事前によく確認しておきましょう。