AGAスキンクリニックの治療法・治療薬

今回は、AGAスキンクリニックの治療法・治療薬を取り上げます。AGAスキンクリニックは、メスを使うこと無く、飲み薬(服用薬)や塗り薬(塗布薬)の薬物療法が中心で、自分自身の髪を自然に増やすことを目指します。

AGAスキンクリニックでは、無料カウンセリングや初診・検査を経て実際の治療を受けますが、薬物治療のベーシックプランやオリジナルプラン、メソセラピーを行うオプションという治療法が用意されています。

AGAスキンクリニックのベーシックプラン

AGAスキンクリニックのベーシックプランは、国内承認薬をメインにした飲み薬による薬物治療です。治療費用を安く抑えたい方には、フィナステリドのジェネリック医薬品で最も信頼のおけるファイザー製の薬が処方されます。

もちろん、フィナステリドの先発薬であるプロペシアも用意しています。AGAの原因は、脱毛を促す男性ホルモン(DHT)が増えるように、5α-リダクターゼという酵素が働くことです。フィナステリドは、この酵素の働きをブロックする効果があります。

さらにAGAスキンクリニックでは、デュタステリド(商品名:ザガーロ)の処方も受けることができます。5α-リダクターゼという酵素は1型と2型というタイプがあるのですが、デュタステリドはどちらもブロックできる強力な治療薬といえます。

AGAスキンクリニックのオリジナルプラン

AGAスキンクリニックのオリジナルプランでは、このクリニック独自処方のオリジナル治療薬「Rebirth」(リバース)が提供されます。この薬は、飲み薬と塗り薬どちらも用意されています。

Rebirthの主成分としては、フィナステリドに加えてミノキシジルが配合されています。ミノキシジルは血管拡張作用があり、毛乳頭や毛母細胞など髪の毛を作る組織に栄養分を送り届ける毛細血管の働きを活性化させ、自ら毛髪を作る効果が期待できます。

それだけでなく、Rebirthではビタミンやアミノ酸など、髪の生育に必要なサプリメントをバランス良く配合しています。DHTを抑制するフィナステリド、血流改善のミノキシジル、そして栄養素の補充という効能が期待できるAGAスキンクリニック独自の治療薬です。

Dr’sメソ(AGAメソセラピー)

AGAスキンクリニックではオプションの治療法として、発毛メソセラピーである「Dr’sメソ(AGAメソセラピー)」を用意しています。メソセラピーは注射器を使って頭皮に直接、有効成分を注入する治療法です。

AGAスキンクリニックのDr’sメソ(AGAメソセラピー)は、不足している発毛成長因子を補完することで、止まっている毛髪のヘアサイクルを取り戻すために開発された、独自処方の発毛カクテルを注入します。

注射といっても痛みをなるべく軽減するため、急速な冷却措置で麻痺させたような状態で行うため、心配はありません。このメソセラピーは、ミノキシジル、IGF-1(毛母細胞の分裂促進)、bfGF(血流促進)、VEGF(血管新生作用)といった発毛成長因子を配合しています。

それだけでなく、タンパク質を生成するコエンザイムQ10、水分補給に欠かせないヒアルロン酸、抗脱毛作用がある銅ペプチドのほか、必要なビタミンを豊富に配合し、これら発毛の促進に有効とされる成分をたっぷりと含んだ発毛カクテルとなっています。

無料カウンセリング予約はこちら